中央環境審議会土壌農薬部会土壌制度専門委員会(第2回) 議事要旨

日時

平成26年12月18日(木)13:00~14:55

場所

環境省第1会議室

出席委員

委員長 浅野 直人   臨時委員 白石 寛明
委員 大塚  直 和気 洋子
岡田 光正   専門委員 高橋 晴樹
中杉 修身 丹野 紀子
臨時委員 浅見 真理 原 美由紀
佐藤  泉 細見 正明

(欠席は、小倉臨時委員、染臨時委員、田村臨時委員、碓氷専門委員、梶原専門委員)

委員以外の出席者

環境省

三好水・大気環境局長、早水大臣官房審議官、更田農薬環境管理室長、秦放射性物質汚染担当参事官、青竹土壌環境課課長補佐 他

議題

  1. (1)1,4-ジオキサン及び塩化ビニルモノマーに係る土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直し等について
  2. (2)その他

議事概要

  • ○審議については、公開することにより、公正かつ中立な審議に著しい支障を及ぼすおそれがある場合又は特定の者に不当な利益もしくは不利益をもたらすおそれがないことから、公開で行われた。
  • ○議題(1)について、事務局から説明がなされ、質疑応答及び意見交換が行われた。その結果、
    •  ・1,4-ジオキサンについては、当面は土壌汚染対策法の特定有害物質に追加せず、汚染実態の把握や調査技術の開発を推進するとともに、当面の土壌環境基準不適合土壌の取扱いについて検討する方向で進めていくこととされた。
    • ・塩化ビニルモノマーについては土壌汚染対策法の特定有害物質に追加する方向で、必要な調査や制度の運用の整理等の検討を進めていくこととされた。

配付資料

  • 資料1 1,4-ジオキサン及び塩化ビニルモノマーに係る土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直し等の検討の背景
  • 資料2 1,4-ジオキサンに係る土壌汚染対策法に基づく特定有害物質への追加その他土壌汚染対策の運用等に関する方向性について(案)
  • 資料3 塩化ビニルモノマーに係る土壌汚染対策法に基づく特定有害物質への追加その他法の運用等に関する方向性について(案)

  • 参考資料1 土壌の汚染に係る環境基準及び土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直し等について(諮問)
  • 参考資料2 土壌の汚染に係る環境基準の見直しについて(第2次答申)(案)〔1,4-ジオキサン塩化ビニルモノマー〕平成26年9月中央環境審議会
ページ先頭へ