中央環境審議会土壌農薬部会(第20回)議事要旨

1.日時

平成18年3月31日(金)14:01~16:09

2.場所

経済産業省別館1028会議室

3.出席委員

部会長 松本 聰 臨時委員 櫻井 治彦
部会長代理 須藤 隆一 佐藤 泉
委員 大塚 直 佐藤 福男
委員 高橋 滋 白石 寛明
委員 藤井 絢子 鈴木 英夫
臨時委員 浅野 直人 関澤 秀哲
今井 秀夫 中杉 修身
岡田 齊夫 中野 璋代
亀若 誠 細見 正明
黒川 雄二 森田 昌敏
黒澤 正敬 若林 明子
五箇 公一 渡部 徳子

(欠席は、佐藤(洋)委員、桝井委員、和気委員、稲垣臨時委員、上路臨時委員、河内臨時委員、岸井臨時委員、嶌田臨時委員、眞柄臨時委員)

4.委員以外の出席者

環境省

坪香水環境担当審議官、鏑木土壌環境課長、鈴木農薬環境管理室長、尾川地下水・地盤環境室長、太田土壌環境課課長補佐、中山土壌環境課課長補佐

5.議題

(1)
油汚染対策ガイドラインの今後のフォローアップについて
(2)
その他

6.議事概要

(1)油汚染対策ガイドラインの今後のフォローアップについて
  • 土壌汚染技術基準等専門委員会において「油汚染対策ガイドライン」が報告書として取りまとめられたので、同専門委員会の委員長である森田委員より専門委員会における審議経過及びガイドラインのポイントとなる事項について報告がなされた。
  • より詳細に事務局から油汚染対策ガイドラインの概要及び油汚染対策ガイドラインの今後のフォローアップについて説明がなされた。
  • 油汚染対策ガイドラインの今後のフォローアップについて委員の間で質疑や意見交換がなされた。
(2)その他
  • 土壌汚染対策法施行状況及び平成15年度土壌汚染対策法の施行状況及び土壌汚染調査・対策事例等に関する調査結果の概要について、事務局から報告がなされた。
  • 平成16年度農用地土壌汚染防止対策の概要及びダイオキシン類対策特別措置法に基づく対策地域について、事務局から報告がなされた。
  • 平成18年度土壌環境・農薬関係予算のうち、土壌環境関係予算について事務局から報告がなされた。
  • 平成18年度土壌環境・農薬関係予算のうち、農薬関係予算及び最近の農薬環境行政について報告がなされた。
  • 本日配布した資料は、公開することにより公正かつ中立な審議に著しい支障を及ぼすおそれ又は公開することにより特定の者に不当な利益若しくは不利益をもたらすおそれのいずれも該当しないことから公開することとされた。

7.配付資料

資料1中央環境審議会土壌農薬部会委員名簿
資料2中央環境審議会土壌農薬部会土壌汚染技術基準等専門委員会報告書
「油汚染対策ガイドライン-鉱油類を含む土壌に起因する油臭・油膜問題への土地所有者等による対応の考え方-」
資料3油汚染対策ガイドラインの今後のフォローアップについて(案)
説明資料参考資料の説明スライド
参考資料1中央環境審議会土壌農薬部会土壌汚染技術基準等専門委員会報告書
「油汚染対策ガイドライン-鉱油類を含む土壌に起因する油臭・油膜問題への土地所有者等による対応の考え方-」
参考資料2土壌汚染対策法施行状況
参考資料3平成15年度土壌汚染対策法の施行状況及び土壌汚染調査・対策事例等に関する調査結果の概要
参考資料4平成16年度農用地土壌汚染防止対策の概要
参考資料5ダイオキシン類対策特別措置法に基づく対策地域について
参考資料6平成18年度土壌環境・農薬関係予算
参考資料7 最近の農薬環境行政について
ページ先頭へ