中央環境審議会 水環境部会 総量規制専門委員会(第12回)議事要旨

日時

平成18年2月1日(水) 10:30~12:35

場所

中央合同庁舎5号館・環境省第1会議室

議題

(1) 特定排出水の排出実態について
(2) 排水処理技術の実態について
(3) その他

出席者

(委員)      
委員長  岡田 光正    
専門委員  河村 清史  齋藤 雅典  酒井 憲司
   諏訪 裕一  平沢 泉  細見 正明
   松田 治    
(環境省)

坪香水環境担当審議官、紀村水環境課長、高橋閉鎖性海域対策室長、秋山室長補佐


議事経過

 
  • 会議は公開で行われた。
  • 事務局から、特定排出水の排出実態について説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • 事務局から、排水処理技術の概要について説明がなされ、質疑応答が行われた。

問い合わせ先

  環境省水・大気環境局閉鎖性海域対策室 03-5521-8320

配布資料

 
資料1   総量規制専門委員会委員名簿
資料2   特定排出水の届出・実測水量の実態(平成16年度)
資料3   主要業種等区分別の届出最大水量・時期区分別水量比
資料4   主要業種等区分別の届出最大特定排出水量の推移
資料5   海域別の特定排出水の実態(平成16年度)
資料6   海域別・特定排出水の実態の推移(COD)
資料7   特定排出水の業種等区分別の濃度分布(平成16年度)
資料8   汚染状態の測定結果が環境大臣が定めたC値の範囲の上限を超過することについて
資料9   排水処理技術の実態について
資料10   下水道法の改正について
資料11   浄化槽法等の改正について
ページ先頭へ