中央環境審議会水環境部会 総量規制専門委員会(第8回)議事要旨

日時

平成17年3月30日(水) 13:30~16:00

場所

中央合同庁舎第5号館 共用第7会議室

議事

(1) 第6次水質総量規制の在り方について
(2) その他

出席者

 
(委員)      
委員長  岡田 光正    
専門委員  河村 清史  木幡 邦男  齋藤 雅典
   高橋 正宏  平沢 泉  中村 由行
   細見 正明  松田 治  宮崎 章
(環境省) 甲村水環境部長、太田水環境管理課長、坂川閉鎖性海域対策室長 他

議事経過

 
  • 会議は公開で行われた。
  • 事務局から、環境基準点における実測値と実測日当日のシミュレーションの計算値との比較について説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • 事務局から、指定水域における夏季底層DO、大阪湾における窒素濃度及び燐濃度(平成16年度速報)、瀬戸内海における湾灘別の赤潮発生状況について説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • 事務局から、「第6次水質総量規制の在り方について」(総量規制専門委員会報告(案))の説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • 今後、総量規制専門委員会報告(案)についてパブリックコメントを募集し、平成17年4月25日開催予定の次回専門委員会において、報告書をとりまとめることになった。

問い合わせ先

  環境省水環境部閉鎖性海域対策室 03-5521-8320
 

配布資料

資料1   環境基準点における実測値と実測日当日の計算値との比較
資料2   指定水域における夏季底層DOについて
資料3   大阪湾における窒素濃度及び燐濃度(平成16年度速報)
資料4   瀬戸内海における湾灘別の赤潮発生状況について
資料5   第6次水質総量規制の在り方について(総量規制専門委員会報告(案))
ページ先頭へ