中央環境審議会水環境部会 総量規制専門委員会(第4回)議事要旨

日時

平成16年10月4日(月) 13:30~16:30

場所

中央合同庁舎第5号館共用第7会議室

議事

(1) 汚濁負荷削減対策について
(2) その他

出席者

 
(委員)      
委員長  岡田 光正    
専門委員  河村 清史  木幡 邦男  齋藤 雅典
   高橋 正宏  中村 由行  平沢 泉
   細見 正明  松田  治  宮崎 章
(環境省) 甲村水環境部長、谷企画課長、
太田水環境管理課長、坂川閉鎖性海域対策室長 他

議事経過

  会議は公開で行われた。
  • 事務局から、発生負荷量の算定方法及び発生源別COD発生負荷量と事業場数の推移等について説明がなされた。
  • 国土交通省港湾局から、沿岸域における自然再生事業について説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • 国土交通省都市・地域整備局下水道部から、下水道による汚濁負荷削減対策について説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • (社)日本経済団体連合会環境安全委員会環境リスク対策部会環境管理ワーキング・グループから、紙・パルプ業界、化学業界及び鉄鋼業界における汚濁負荷削減対策の概要について説明がなされ、質疑応答が行われた。また、閉鎖性海域における水質保全対策についての要望が出された。
  • 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部から、浄化槽による汚濁負荷削減対策について説明がなされ、質疑応答が行われた。
  • 農林水産省農村振興局から、農業集落排水施設による汚濁負荷削減対策について説明がなされ、質疑応答が行われた。

問い合わせ先

  環境省水環境部閉鎖性海域対策室 03-5521-8320

配布資料

資料1   総量規制専門委員会委員名簿
資料2   発生負荷量の算定方法について
資料3   発生源別COD発生負荷量と事業場数の推移について
資料4   国土交通省都市・地域整備局下水道部における汚濁負荷削減対策について
資料5   浄化槽整備による生活排水対策について
資料6   農業集落排水事業説明資料
資料7 産業界における主な汚濁負荷削減対策の概要
資料8 沿岸域における自然再生事業の推進
ページ先頭へ