中央環境審議会環境保健部会  化学物質審査規制制度小委員会 第1回 議事要旨

日時

平成14年10月17日(木) 14:00~17:00

場所

東条インペリアルパレス(東條會舘)千鳥の間

出席委員

鈴木継美 浅野直人 井上達 岩熊敏夫 内山巌雄 小江紘司 大塚直 清水誠
須藤隆一 中下裕子 中杉修身 満岡三佶 村岡浩爾 若林明子 鷲谷いづみ (敬称略)

議事

  1. (1)今後の化学物質の審査及び規制の在り方について
  2. (2)その他

議事概要

小委員会設置の趣旨等について
 平成14年9月13日付けで環境大臣から中央環境審議会に諮問され、同日付けで環境保健部会に付議された「今後の化学物質の審査及び規制の在り方について(諮問)」について、資料2、参考資料1及び参考資料3に基づき事務局より説明した。また、化学物質審査規制制度小委員会の設置及び運営方針について、資料3-1及び資料3-2に基づき事務局より説明した。鈴木委員長より委員長代理に清水誠委員(東京大学名誉教授)が指名された。

(1)について
 化学物質審査規制法の仕組み、運用について資料4を用いて、諮問事項に関係する取組や検討状況について資料5-1~資料7-2を用いて、生態系保全に関連する法制度及び動向について参考資料3を用いて、また、今後の検討課題案について資料8を用いて、それぞれ事務局より説明した。事務局の説明の後、諮問事項に関して自由討議が行われ、各委員より意見が述べられた。

(2)について
 資料8に基づき、化学物質審査規制制度小委員会の今後のスケジュール案について事務局より説明した。次回以降は、厚生科学審議会化学物質制度改正検討部会に設置される専門委員会及び産業構造審議会化学・バイオ部会化学物質管理企画小委員会と合同で開催することについて了承された。

なお、審議は公開で行われた。
ページ先頭へ