産業構造審議会製造産業分科会化学物質政策小委員会制度構築ワーキンググループ 中央環境審議会環境保健部会水銀に関する水俣条約対応検討小委員会 合同会合(第2回)議事要旨

1.日時

平成26年9月12日(金)9:00~12:00

2.場所

経済産業省別館 101-2・103共用会議室

3.出席委員(五十音順。〇は小委員会、ワーキンググループの両方に所属)

中央環境審議会環境保健部会 水銀に関する水俣条約対応検討小委員会

大塚委員長、菅野委員、貴田委員、鈴木委員、高岡委員、〇高村委員、〇田村委員、築地原委員

産業構造審議会製造産業分科会 化学物質政策小委員会 制度構築WG

東海座長、武林座長代理、有田委員、及川委員、蒲生委員、〇高村委員、〇田村委員、永田委員、丸山委員

4.議題

  1. (1)事業者ヒアリング
  2. (2)今後の進め方
  3. (3)その他

5.議事概要

  1. (1)会議は公開で行われ、制度構築ワーキンググループの東海座長が議長を務めた。
  2. (2)事務局より、事業者ヒアリングの進め方等について説明がなされた。
  3. (3)水銀添加製品毎の事業者団体より水銀添加製品の製品概要並びに製造・輸出入の実態や代替品の状況等について、水銀回収事業者より水銀回収の実態や保管の状況等について、及び非鉄製錬業者より銅・鉛・亜鉛製錬時における水銀回収フロー等について説明があった。
  4. (4)事業者からの説明に対して各委員から、日本における水銀添加製品の輸入の実態や世界における水銀添加製品の代替可能性・見通し、水銀回収技術の海外展開の可能性等について質問があった。
  5. (5)本合同会合における今後の進め方(案)について事務局より説明し、次回については10月10日に開催することとした。

ページ先頭へ