平成28年度第9回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 化学物質審議会第164回審査部会・平成28年度化学物質審議会第3回安全対策部会 第171回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

【第一部】平成29年1月31日(火)13:00~15:00

【第二部】平成29年1月31日(火)15:10~15:30

【第三部】平成29年1月31日(火)15:40~17:30

場所

中央合同庁舎5号館 18階 専用第22会議室

議題

【第一部】

1.優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価IIにおける評価について

(審議物質:ヒドラジン、ジクロロメタン、安息香酸ベンジル)

2.デフォルトの有害性を適用する物質について

3.化審法における2020年目標の具体化について

4.その他

【第二部】

一部の解離性物質の扱いについて

【第三部】

1.前回指摘事項等の確認等について

2.新規化学物質の審議について

3.その他

議事

【第一部】

 会議は公開で行われた。

  • 議題1について、ヒドラジンのリスク評価(一次)評価IIにおける進捗報告が行われ、今後の対応は了承された。
  • 議題1について、ジクロロメタンのリスク評価(一次)評価IIにおける人健康影響に係る評価について審議が行われ、評価結果及び今後の対応は概ね了承された。人健康影響に係る文言等については、座長に一任された。
  • 議題1について、安息香酸ベンジルのリスク評価(一次)評価IIにおける生態影響に係る評価について審議が行われ、これらの物質の評価結果及び今後の対応は了承された。
  • 有害性情報を入手することができなかった一般化学物質について、生態影響に係る有害性のデフォルトの有害性クラスを適用して、スクリーニング評価を行った結果、生態影響の観点から2物質が優先評価化学物質相当と判定された。判定結果については、別添を参照。
    (別添)優先評価化学物質相当判定一覧(平成29年1月31日)(PDF形式:6KB)
  • 「化審法における2020年目標の具体化」については概ね了承され、示した方針に沿って各取組を進めることとなった。

【第二部】

 新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

【第三部】

 新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

  • 議題1について、事務局から前回指摘事項等の確認結果の説明があった。
  • 議題2について、届出があった新規化学物質38件の判定に関する審議が行われた。
  • 議題3について、必要な議論が行われた。また、事務局から平成28年度第4回少量新規化学物質について、報告があった。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ