平成28年度第3回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 平成28年度化学物質審議会第1回安全対策部会/化学物質審議会第158回審査部会 第165回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

【第一部】平成28年6月17日(金)13:00~14:20

【第二部】平成28年6月17日(金)14:45~17:10

場所

中央合同庁舎5号館 6階 共用第7会議室

議題

【第一部】

1.優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価IIにおける評価について

2.その他

【第二部】

1.前回指摘事項等の確認等について

2.新規化学物質の審議について

3.その他

議事

【第一部】

会議は公開で行われた。

議題1については以下のとおり。

  • 優先評価化学物質である1,2-ジクロロプロパンのリスク評価(一次)評価IIにおける人健康影響に係る評価について審議が行われ、当該物質の評価結果及び今後の対応について化審法第11条に基づく優先評価化学物質の指定の取消しを行うことが了承された。

  • 優先評価化学物質であるブロモメタン(別名臭化メチル)、ナフタレンのリスク評価(一次)評価IIにおける生態影響に係る評価について審議が行われ、これらの物質の評価結果及び今後の対応は了承された。

  • 優先評価化学物質である過酸化水素についてはリスク評価(一次)評価IIの進捗報告が行われ、今後の対応は了承された。ただし、公表資料の表現ぶりについては、座長に一任された。

    議題2については以下のとおり。

  • 平成28年3月25日本審議会において人健康影響に係る評価を行い、評価IIを継続することとなったアクリロニトリルについては3つの業界団体(日本アクリロニトリル工業会、日本化学繊維協会、日本ABS樹脂工業会)における、これまでのアクリロニトリルの排出削減に係る取組等が紹介された。

【第二部】

新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

  • 議題1について、事務局から前回指摘事項等の確認結果の説明があった。

  • 議題2について、届出があった新規化学物質21件の判定に関する審議が行われた。

  • 課題3について、必要な議論が行われた。

ページ先頭へ