平成26年度第8回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 平成26年度第3回化学物質審議会安全対策部会 /化学物質審議会第142回審査部会 第150回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

【第一部】平成26年12月19日(金)13時00分~15時00分

【第二部】平成26年12月19日(金)15時25分~17時35分

場所   

経済産業省 本館2階2東3共用会議室

議題

【第一部】

  1. 1.優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける評価について
  2. 2.優先評価化学物質の判定について
  3. 3.その他

【第二部】

  1. 1.前回指摘事項等の確認等について
  2. 2.新規化学物質の審議について
  3. 3.その他

議事

【第一部】

会議は公開で行われた。

  • ・議題1について、優先評価化学物質であるクロロエチレン(別名塩化ビニル)のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける人健康影響に係る評価について審議が行われた。当該物質の評価結果及び今後の対応について化審法第11条に基づく優先評価化学物質の指定の取消しを行うことが了承された。
  • ・議題2について、前回の会議において引き続き検討することとされた、「スクリーニング評価における専門家による詳細評価と判断基準」(改訂案)、「環境中濃度による詳細評価」について審議が行われた。「スクリーニング評価における専門家による詳細評価と判断基準」(改訂案)は概ね了承され、「環境中濃度による詳細評価」において、生態影響の観点からトリエチルアミンが、優先評価化学物質相当と判定された。なお、「人健康影響に関する優先度判定案」における酸化クロム(Ⅲ)(CAS 1308-38-9)の優先度判定は、事務局より、次回以降のスクリーニング評価に向けて精査を引き続き行う旨の報告が行われた。前回の会議の判定も含めた本年度の判定結果については別添1及び別添2を参照。

(別添1)「平成26年度スクリーニング評価の進め方及び評価結果」(平成26年11月28日/平成26年12月19日)(審議会の審議を経て了承)(PDF形式:596KB)

(別添2)優先評価化学物質相当判定一覧(平成26年11月28日/平成26年12月19日)(PDF形式:57KB)

【第二部】

新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

  • ・議題1について、事務局から前回指摘事項等の確認結果の説明があった。
  • ・議題2について、届出があった新規化学物質32件の判定に関する審議が行われた。
  • ・議題3について、製造数量等の届出を要しない一般化学物質(届出不要物質)について審議が行われた。また、事務局から少量新規化学物質の確認件数等の報告があった。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ