平成25年度第3回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 化学物質審議会第127回審査部会 第134回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

【第1部】平成25年6月28日(金)13時30分~14時15分

【第2部】平成25年6月28日(金)14時30分~17時20分

場所

三田共用会議所 3階 大会議室

議題

【第1部】

  1. 既存化学物質の審議等について(残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)新規対象物質の化審法第一種特定化学物質への指定について)
    (審議物質:エンドスルファン及びヘキサブロモシクロドデカン)
  2. 鳥類繁殖毒性の今後の評価等について
  3. その他

【第2部】

  1. 新規化学物質の審議について
  2. その他

議事

【第1部】

会議は公開で行われた。

  • 議題1について、新たにPOPs条約において附属書への追加が決定された6,7,8,9,10,10-ヘキサクロロ-1,5,5a,6,9,9a-ヘキサヒドロ-6,9-メタノ-2,4,3-ベンゾジオキサチエピン=3-オキシド類(別名:エンドスルファン又はベンゾエピン)及びヘキサブロモシクロドデカンについては、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律に定める第一種特定化学物質として指定することが適当であるとの結論が得られた。
  • 議題2について、6週鳥類繁殖毒性試験の結果と20週鳥類繁殖毒性試験の結果との差異について検証し、今後、有害性調査及び予備的な毒性評価について、より妥当な試験方法を再検討し、改善事項を整理することが確認された。
  • 議題3について特段の議論はなかった。

【第2部】

新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

  • 議題1について、届出があった新規化学物質41件の判定に関する審議が行われた。
  • 議題2について、必要な議論が行われた。
ページ先頭へ