環境省保健・化学物質対策報告書

平成14年度内分泌攪乱化学物質等の作用メカニズムの解明等基礎的研究報告書

平成15年3月

全文】[PDF 1.63MB]

【分割】
1/8[PDF 267KB] 2/8[PDF 246KB] 3/ 8[PDF 232KB] 4/8[PDF 221KB] 5/8[PDF 230KB] 6/ 8[PDF 227KB] 7/8[PDF 256KB] 8/8[PDF 101KB]
目次
I.目的
II.内容
II-1.指定研究
II-2.業務担当者一覧
II-3.指定研究結果
 (1)甲殻類(ミジンコ)に及ぼす内分泌攪乱化学物質の作用メカニズムに関する研究
 (2)核内受容体ファミリーを介する化学物質の生体影響に関する研究
 (3)ビスフェノールA膜受容体の分子生物学的検討と作用機序の解明に関する研究
 (4)内分泌攪乱化学物質の性腺ホルモン作用機構の解明に関する研究
 (5)フタル酸エステル吸入曝露による生体影響の解明とリスク評価
 (6)TBTによるラット妊娠初期胚の着床不全のメカニズムと生存胚における生殖細胞での突然変異誘発の可能性に関する研究
 (7)内分泌攪乱化学物質による雄性生殖器への影響の分子細胞生物学的メカニズムの解明
II-4.平成13 年度研究結果の評価