環境省保健・化学物質対策報告書

平成13年度内分泌攪乱化学物質のヒトへの健康影響調査研究報告書

平成14年3月

 
全文】[PDF 659KB]

【分割】
1/3[PDF 237KB] 2/3[PDF 234KB] 3/3[PDF 189KB]
 
目次
目的
研究班名簿
第1章ヒト先天異常発生等調査
 ヒト先天異常発生等調査(総括)
1.研究要旨
2.研究者
3.研究目的
4.研究方法
5.研究結果
6.考察
7.結論
 内分泌攪乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)のヒト先天異常発生および妊よう性に及ぼす影響に関する研究
1.研究要旨
2.研究協力者
3.研究目的
4.研究方法
5.研究結果
6.考察
 先天奇形を指標とした環境モニタリング
1.研究要旨
2.研究協力者
3.研究目的
4.研究方法
1)調査対象・期間
2)倫理面への配慮
5.研究結果
1)疫学的検討
[1] 奇形の発生動向
[2] 尿道下裂症例
2)ビスフェノールAとノニルフェノールの測定
[1] ビスフェノールA
[2] ノニルフェノール
6.結論
7.参考文献
第2章出生性比調査
 茨城県における出生性比の変動について
1.はじめに
2.対象と方法
3.結果
1)茨城県におけるPMBの年次推移
2)茨城県における市町村別PMB
3)茨城県における月別PMB
4)茨城県における市町村別PMBに対する焼却炉の有無の影響
5)他都道府県の動向
4.考察
5.参考文献
 ヒト由来培養細胞系を用いた基礎細胞毒性試験による霞ヶ浦湖水試料中の有害性総合評価
1.はじめに
2.方法
1)材料
2)湖水試料と前処理
3)基礎細胞毒性試験
4)水質データとの比較
5)物質特性解析
3.結果
1)霞ヶ浦湖水試料の基礎細胞毒性
2)水質データとの比較
3)物質特性解析
4.考察
5.参考文献
参考資料
参考図1〜 7 霞ヶ浦湖水試料の相対細胞生存率
参考表1〜12 霞ヶ浦湖水の細胞毒性試験結果