環境省保健・化学物質対策報告書

平成12年度 内分泌攪乱化学物質等の作用メカニズムの解明等基礎的研究 研究報告書

平成13年3月

 
全文】[PDF 8.7MB]

【分割】
1/36 [PDF 279KB] 2/36 [PDF 257KB] 3/36 [PDF 268KB] 4/36 [PDF 292KB]
5/36 [PDF 187KB] 6/36 [PDF 291KB] 7/36 [PDF 256KB] 8/36 [PDF 291KB]
9/36 [PDF 277KB] 10/36 [PDF 293KB] 11/36 [PDF 253KB] 12/36 [PDF 288KB]
13/36 [PDF 261KB] 14/36 [PDF 288KB] 15/36 [PDF 272KB] 16/36 [PDF 277KB]
17/36 [PDF 293KB] 18/36 [PDF 260KB] 19/36 [PDF 202KB] 20/36 [PDF 205KB]
21/36 [PDF 278KB] 22/36 [PDF 242KB] 23/36 [PDF 124KB] 24/36 [PDF 200KB]
25/36 [PDF 271KB] 26/36 [PDF 273KB] 27/36 [PDF 281KB] 28/36 [PDF 262KB]
29/36 [PDF 235KB] 30/36 [PDF 188KB] 31/36 [PDF 251KB] 32/36 [PDF 224KB]
33/36 [PDF 225KB] 34/36 [PDF 195KB] 35/36 [PDF 271KB] 36/36 [PDF 245KB] 
 
目次
  1. 内分泌攪乱化学物質による精子形成障害の分子生物学的機構の解明
    千葉大学医学部解剖学第二講座 湯浅 茂樹
     
  2. 核内転写調節(PPAR)を介した内分泌攪乱化学物質の生殖毒性作用の機構及び安全性の研究
    信州大学医学部衛生学 那須 民江
     
  3. マウス生殖細胞死への環境毒性物質の影響とその分子機能の解析
    長崎大学医学部解剖学第三講座 小路 武彦
     
  4. 新たな核内内分泌攪乱化学物質レセプターの同定及びレポーター遺伝子を導入した細胞の培養
    東京大学分子細胞生物学研究所 加藤 茂明
     
  5. 重金属化合物による内分泌攪乱作用の機序に関する研究
    北里大学薬学部公衆衛生学 姫野 誠一郎
     
  6. ヒト生殖細胞の形成・維持に及ぼす内分泌攪乱化学物質の影響についての研究
    徳島大学医学部公衆衛生学 中堀 豊
     
  7. PPARγを介した内分泌攪乱化学物質の毒性発現メカニズムの解明
    名古屋市立大学薬学部微生物薬品学 今川 正良
     
  8. 生殖毒性の早期マーカーとしての神経内分泌動態と次世代影響に関する研究
    北海道大学大学院医学研究科 岸 怜子
     
  9. 内分泌攪乱化学物質を始めとする環境汚染物質の野生生物に対する影響と環境評価
    北海道大学大学院獣医学研究科 藤田 正一
     
  10. 生殖発達属性に関する研究
    日本獣医畜産大学獣医畜産学部 鈴木 勝士
     
  11. 塩素化芳香族による生殖機能への影響評価
    九州大学大学院医学研究院 大村 実
     
  12. メダカに対する内分泌攪乱化学物質の短期曝露に関する研究
    東京都環境科学研究所基盤研究部 若林 明子
     
  13. 環境生物の免疫影響に関する研究
    国立環境研究所環境健康部 小林 隆弘
     
  14. 絶滅が危惧される両生類の国内実態調査と情報ネットワークの作成及び環境汚染モニター動物の作製に関する研究
    早稲田大学教育学部生物学 中村 正久