エコインターンシップとは

  • 本事業では、特に環境問題に関心のある20歳以上の大学生・大学院生を企業の環境管理部門等にインターンシップ生として送り出し 、企業における 環境管理に関わる業務の一端を体験してもらうことよって、企業が取り組む具体的な環境対策等について理解を深めるとともに、環境問題について、表面的(スタイル的)な取組だけでなく、社会人として仕事(業務)の中で実践できることや環境問題を解決していくための社会の在り方などについて考える機会を提供するものとして2007年度〜2008年度にかけて実施しました。
  • 企業や大学の協力の下、「次世代に向けた環境意識の高い人材」の育成に向けて、2年間で33名の学生に対し、2〜3週間のインターンシップの機会を提供するとともに、インターンシップを通じて得られた経験や考え方等について、インターンシップ参加学生が「シンポジウム」の場で発表するなど、広く社会にも情報提供を行いました。
    本事業の結果は、以下の「活動報告」よりご覧いただけます。
  • これまでインターンシップ生の受入にご協力いただきました企業の皆様、並びに、各大学の担当者様には心より感謝いたします。(2009年3月現在)

活動報告


  • 1期生(8名)
    (2008年2月13日修了式にて)

  • 1期生(2名)、2期生(23名)
    (2008年12月21日修了式にて)

インターンシップ参加学生による体験報告やシンポジウムの様子などをご覧いただけます。

▲ このページの先頭へ