中川大臣記者会見録(平成29年8月15日(火)(10:16~10:19 於:総理官邸3階エントランスホール)

1.発言要旨

 本日の閣議では、「海洋汚染防止法」施行令の一部を改正する政令の一部を改正する政令が閣議決定されましたので御報告いたします。これは、本年9月8日に発効する船舶バラスト水規制管理条約の円滑な実施のために必要な経過措置について定めるものでございます。詳しくは事務方にお問い合わせをいただければと思います。
 もう1点、「水銀に関する水俣条約」が明日8月16日に発効いたします。水俣条約は、水銀のライフサイクル全体を規制し、世界各国が協調して健康や環境へのリスクを削減しようとする大変意義深い条約でございまして、発効に至ったことを誠に喜ばしく思います。引き続き、国内対策を着実に実施するとともに、世界各国と連携して水銀対策を推進すべくリーダーシップを発揮してまいります。

2.質疑応答

(問)テレビ朝日の古賀と申します。まず、水俣条約について伺います。明日発効ということですけれども、改めて所感を伺いたいのと、水俣という日本の都市名が入った条約ですけれども、日本としてどうリーダーシップをもって推進していきたいのか、この2点についてお願いします。
(答)今回、水俣条約が発効するということは誠に喜ばしいことだと思います。環境省はこれまで、我が国の水銀対策の経験や技術を活かしまして、水銀対策に関する情報発信や知見の共有、それからアジア太平洋地域における水銀モニタリングネットワークの構築などに取り組んでまいりました。また、国内では水銀汚染防止法を制定いたしまして、水銀使用製品の規制基準の厳格化や、条約の定める期日よりも規制開始日を前倒しする等の措置を講じておりまして、条約の内容よりも踏み込んだ対策を実施することといたしております。今後もこのような取組を積極的に推進いたしまして、水俣条約の着実な実施をけん引するとともに、各国による水俣条約の締結を促進してまいります。

(問)共同通信の堀口です。今日は終戦の日ですけれども、この期間にあわせて大臣は靖国を参拝される御予定はありますでしょうか
(答)靖国を参拝する予定はございません。
(問)玉串料の奉納など、参拝しないで何かそういったことをされる御予定はありますか。
(答)ございません。

(以上)

ページ先頭へ