山本大臣記者会見録(平成29年4月21 日(金)8:51 ~8:54  於:衆議院分館一階ロビー)

1.発言要旨

 私から一点御報告させていただきます。「暑さ指数」の予測値・実況値の情報提供を4月20日から開始いたしました。ホームページにアクセスし登録していただければ、メールでの配信も行っております。詳しくはお手元の資料を御覧いただきたいと思います。正直、私も環境省があれを出していると知らなかったので、是非NHKさんには環境省提供とでも入れていただければいいなと、見慣れた図柄ではあったのですけれども、環境省が関係してるのかと初めて知りましたので、是非よろしくお願いします。

2.質疑応答

(問)日本テレビの中村です。規制委員会の委員長人事について国会の同意が得られれば、田中俊一さんから9月に更田さんということですけれども、その狙いについて教えていただけますか。
(答)田中委員長も5年を経過いたしますので、御本人からの意向もあったりして、委員長人事が代わったということをまずは御理解いただきたいと思っております。更田さんは大変長くやってこられまして、私どもの知る限り、非常に安定感のある方だというふうに聞いております。これによって、規制委員会の様々なことが変わるということはありえないと思っております。規制委員会は規制委員会としての役割を、これからも同じように果たしていっていただきたいと、私どもは期待をいたしております。

(問)共同通信の津川です。靖国神社の例大祭があるが、参拝予定はないでしょうか
(答)行く予定はありません。

(問)NHKの松田です。暑さ指数ですが、いつもですとゴールデンウィーク明けに発表しゴールデンウィーク明けから始まるということですけれども、最近暖かく日中も暑いということもあり、発表を早めていますが、どういったことを改めて呼びかけていかれますか。
(答)4月下旬で夏日なんて言葉が出始めるというということ自体、やはり気候変動なのだと私は思っております。
(問)活用についてはどういうふうに呼びかけたいですか。
(答)僕が子どもの頃は、日射病と言っていた世界なのですが、今は熱中症といって結構この症状を訴える方が多く、救急車で搬送される方が多いと聞いてますので、やはりああいう注意情報を参考にしていただきたいと思います。自分で上手く調節をするということにおいて、非常に参考になる情報だと思うので、是非活用してもらいたいと思っております。

(以上)

ページ先頭へ