望月大臣記者会見録(平成26年10月17日(金)8:40 ~ 8:46 於:(衆)本会議場議食側廊下ぶら下がり)

1.発言要旨

 当方から発表すべきことはございません。

2.質疑応答

(問)フジテレビの加藤と申します。デング熱で閉鎖していた新宿御苑が40日ぶりに再開になりましたが、それについて一言お願いします。
(答)様々な対策を閉鎖の間にやってまいりましたが、蚊の採取調査をしたところ、蚊の数が大きく減り、またデングウイルスが検出されなくなった等、これは大変良いことで、本日から開園とさせていただきました。だからといって万が一ということがありますから、開園はしますけれども、蚊の採取などについては、今後とも引き続き対応していきたいと思っております。
(問)もう一問よろしくお願いします。直接環境とは関係ないんですが、小渕経産大臣の政治資金問題についてお聞きしたいと思います。今日の閣議で本人か、または総理からその件について話がありましたでしょうか。また同じ閣僚についてどういうふうにお考えでしょうか。
(答)今日の閣議には、総理は海外に出張中でございますので、総理はいらっしゃらなかったのですが、このことについては話は出ていません。それから2番目の質問なんですけれども、はっきりとした事実関係は私もよく分かりませんので、今後推移を見させていただきたいと、私からこのことにコメントする立場にはないと思っております。

(問)千葉県の千葉日報の石井と申します。千葉県が今週なのですが、指定廃棄物の関係なのですが、国の最終処分場は今年度中は不可能だと判断しまして、県の施設から持ち帰りを、持ち込んでいる3市に指示をしました。本来、国が年度内に完成ができるかどうか判断すべきだと思うのですけれども、この点についてどのように思いますか。
(答)御地元の皆様には、大変御苦労をおかけしていると我々も感じております。我々も最大限努力をさせていただいて、1日も早くそういった施設ができるように引き続き最大限の努力をしてまいりたいと思っております。
(問)改めて確認ですが、国としては今年度中に完成できるという考えは変わりないですか。
(答)もちろんそういうことで進めておりますが、実際のところなかなか用地だとか、あるいは住民の皆様の意向だとかそういうことを考えると、日程的には中々厳しいものがあると思っておりますけれども、これはどちらにいたしましても1日も早く皆様の御了解を得るような形、あるいはまた様々な準備を整えるべく、頑張っていきたいと思っております。

(問)熊本日日新聞と申します。明日から、就任後初めて水俣の方に御訪問されますけれども、大臣どのようなことに期待というか、どのような思いで行かれるのか、一言伺えればと思います。
(答)この水俣病については、本当に公害の問題の、我が国の歴史に残る問題でございますので、このことに長い間皆様が御尽力をいただいた、御苦労いただいているということで、そういう思いを馳せて明日はお伺いをさせていただきたいと思います。日程的に非常に、今日ももちろんこうやって委員会もございますし、そういう中で関係者の皆様にできる限り精力的にお会いをして、実情を見聞きしてまいりたいと思っております。

(問)共同通信の高田といいます。今日から靖国神社の秋季例大祭が始まりますけれども、大臣は参拝の御予定とか、もしくはもうされたとかございますでしょうか。
(答)諸事情がございますので、参拝は控えさせていただきたいと思っております。

(以上)

ページ先頭へ