石原大臣記者会見録(平成26年7月22日(火)10:45 ~ 10:49  於:環境省第1会議室)

1.発言要旨

 おはようございます。本日の閣議では、当省に特段関係のある案件はありませんでした。私から1点御報告します。今日から明日にかけて、長野県伊那市、山梨県南アルプス市に出張します。今回は、仙丈ヶ岳周辺を訪れ、6月11日にユネスコエコパークに登録された南アルプス国立公園の管理状況を見たいと思っています。併せて、南アルプスの標高2,000mを超える山岳地帯においても実はシカの食害が顕在化し、高山植物等の生育に大きな被害が出ています。これは鳥獣保護法の審議の前に開催した懇談会で伊那市の白鳥市長に伺った話ですが、全国に先駆けて高山帯のシカ対策を講じて、長野県は大変努力をしているということですので、市長と懇談し、その対策も併せて見せていただこうと考えています。私からは以上です。

2.質疑応答

(問)幹事をさせていただいています朝日新聞の奥村と申します。よろしくお願いします。指定廃棄物の処分問題についてお尋ねしたいと思います。25日には大臣自らが宮城県の市町村長会議に出席されることになっていますが、そこで環境省のお考えをお示しになると伺っています。これで地元には事態が進展するのではないかという期待感もあるのですが、この点に関する見通しと参加されるにあたって大臣の意気込みを是非お伺いしたいと思います。
(答)御存じのとおり、宮城県は特に稲わらや農作物関係の指定廃棄物が保管されており、この問題をなんとかしなければならないということが村井知事の強い希望でもあります。25日に開催される市町村長会議では、村井知事、候補地とさせていただいている3つの市、町、指定廃棄物を今仮置き場として保管している自治体をはじめとする全ての市町村長さんからお話を聞かせていただき、私からも処分場の確保について宮城県の首長さんたちの御協力をお願いしたいという思いで行こうと考えています。

(問)週刊文春の片岡と申します。1月のパラオの外遊についてお伺いしたいのですけれども、1月12日は現地視察というふうに日程ではなっているのですけれども、こちらは行き先はどちらに行ったのかお聞かせいただけますか。
(事務方)手元に今詳細な資料を持っていませんが、パラオの国立公園、世界遺産の現地視察をしています。
(問)それは公務で現地視察をされたということでよろしいでしょうか。
(事務方)そのように考えています。
(問)確認なのですが、国立公園であるとか、パラオのどのような視察をされたのでしょうか。
(事務方)半年前のことで細かい資料を持ち合わせていませんので、よろしければ事務的にやりとりをさせていただければと思います。

(以上)

ページ先頭へ