大気環境・自動車対策

車両や設備の活用状況等モニター制度要件の概要について

【Ver.2.10(2021/11/12更新)】

 

【お知らせ】

(2021年11月12日追記)

2021年9月22日以前に令和2年度第3次補正予算環境省事業「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」の交付が決定された受給者様に対し、「実態調査・アンケート調査ID/パスワード通知のお知らせ」を郵送いたしました。また、2021年9月22日以前に経産省事業「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の交付が決定した受給者様にに対し、「アンケート調査ID 通知のお知らせ」を郵送いたしました。お手元に届きましたログインID等を下記のサイトにご入力し、所定のお手続きの後、アンケート調査及び実態調査にご対応ください。

【環境省事業受給者様向け】

ログインページ

実態調査・アンケート調査ID/パスワード通知のお知らせ

ログインマニュアル

【経産省事業受給者様向け】

ログインページ

アンケート調査ID 通知のお知らせ

回答手順

なお、アンケート調査及び実態調査へのご入力は12月10日までにご記入をお願い申し上げます。

==============================================================

令和2年度第3次補正予算「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」における二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金を受給された方は、「アンケート・モニタリング調査」に参画いただきます。なお、アンケート・モニタリング調査への参画は、補助対象の要件となるため、ご回答いただけない場合は、補助金の返還対象となります。

1.アンケート・モニタリング調査

「アンケート・モニタリング調査」とは以下の3つの調査に大別されます。

実態調査 ※環境省事業受給者様のみ対象

 補助金申請時に選択いただきました「再エネ100%電力調達」の手法1~3(組み合わせ可)について、調達実績等の状況をフォローアップさせていただくため、実態調査では4年間にわたり、原則として環境省の委託業者が指定するWebページで必要事項の入力および月別の電力消費量や発電量などのデータ入力やエビデンス資料となる検針票やHEMS画面の画像ファイルなどを行っていただきます。9月23日以降に交付決定された受給者様へは2022年冬~春頃を目途にログインID/パスワード及び実態調査の詳細内容を申請時にご提出いただいた住所に郵送にてご案内差し上げます。

アンケート調査

 環境省及び経産省の補正事業交付者は2年間、年1回のアンケートにご回答いただきます。

先進的優良事例へのインタビュー・詳細モニター ※環境省事業受給者様のみ対象

 その他特定の申請者様に対して、上記アンケート調査の結果により先進的優良事案であると判断された場合には、環境省の委託業者より優良事例調査として、より詳細な情報の提供やインタビューなどのお願いする場合がございます。是非御協力をお願いいたします。

2.各調査のスケジュール

(1)実態調査のスケジュール

(ア)入力項目・必要書類

 実態調査にあたり、下記項目の入力と書類の提出が必要となりますので、申請手法毎に必要となる書類のご用意をお願いいたします。
全ての書類は申請月の翌月分より必要となります。
(例:5月に申請された場合は6月分より必要となります。)
※データ入力及び書類の提出は、指定する入力期日までは、入力のタイミングは任意であるため、毎月のご入力または1年分の一括でのご入力がお選びいただけます。

※手法1~3の中で申請いただいた手法の必須項目をすべてご入力ください。(例:手法1+2の場合は、再エネ電源の発電量、売電量、施設等の消費電力量、再エネ電力の電気使用量)
※該当する書類を破棄した場合は、お手数をおかけしますが、ご契約いただいている小売電気事業者・証書発行事業者へ再発行を依頼してください。

手法

Webページでの
入力項目

アップロードする書類(エビデンス)

手法1

再エネ電源

の発電量

再エネ電源の発電量が確認できる書類

※ハードコピー・写真等
例:HEMS1画面等

売電量

※売電を行っている方のみ

売電量が確認できる書類
※売電を行っている方のみ

※ハードコピー・写真等
例:HEMS1画面、売電量を記した電気使用量のお知らせ(検針票)等

施設等の

消費電力量

施設等の消費電力量が確認できる書類

※ハードコピー・写真等

例:HEMS1画面、電気使用量のお知らせ(検針票)等

手法2

再エネ電力の電気使用量

手法2で選択した再エネ100%電力メニューの検針票に記載されている電気使用量及び電力メニュー名が確認できる書類

※ハードコピー・写真等
例:電気使用量のお知らせ(検針票)等

手法3

再エネ電力証書の購入量

証書等の写し

※補助金申請時に提出いただいたものと同一の書類で構いません

※ハードコピー・写真等
例:グリーン電力証書の写し 等

再エネ電力証書の購入期間

一般電力の電気使用量

(手法2で選択していない)一般的な電力メニューの検針票に記載されている電気使用量が確認できる書類

※ハードコピー・写真等

例:電気使用量のお知らせ(検針票)等

1:Home Energy Management Systemの略称

(イ)実態調査期間
調査の期間は以下の通り申請月翌月より4年間となります。


第1回調査では2021年9月22日以前に補助金の交付が決定した方と2021年9月23日以降に補助金の交付が決定した方で入力期間と入力対象期間が異なることにご注意ください。

区分

対象者

入力期間

入力対象期間

第1回調査
第1グループ

2021年9月22日以前に補助金の交付が決定した方

~2021年12月10日

申請月の翌月から2021年10月末までの情報をご入力ください。

第1回調査
第2グループ

2021年9月23日以降に補助金の交付が決定した方

2022年春~夏

申請月の翌月から2022年3月末までの情報をご入力ください。

第2回調査(2023年)以降は毎年春~夏の指定する入力期日までに未入力分の情報を入力とアンケートの回答をしていただきます。(全補助金受給者共通)

指定する入力期日まではご入力のタイミングは任意であるため、毎月のご入力または1年分の一括でのご入力がお選びいただけます。

(2)アンケート調査のスケジュール

(ア)入力項目

アンケート調査では2年間にわたり、年一回を原則として、環境省の委託業者が指定するWebページで必要項目にご回答いただきます。本アンケート調査は、個人法人別、車種別のアンケートとなっており、年齢・性別等基本的な項目のほか、ご購入した車両の使用感や利便性、使用状況など約30項目程度についてご回答いただきます。

(イ)アンケート調査期間

アンケート調査の実施期日については基本的に実態調査の期日と同一とします。

3.FAQ・お問い合わせ先

本件に関する不明点がある場合は下記FAQをご確認の上、窓口までお問い合わせください。

再エネ100%電力要件、補助事業に関するFAQ

アンケート・モニタリング調査に関するお問い合わせ

【環境省事業受給者様向け】

本件に関するお問い合わせは実態調査入力システムにて受け付けております。

https://hosei-monitoring.env.go.jp/contact/form

PC・スマートフォンを所持していない等、入力システムを使用できない場合につきましては下記お問い合わせ先までご連絡ください。

TEL :050-2018-0535(9:00〜17:00 土日祝祭日を除く)

※本電話番号は繁忙期のみ(今年度は2021 年11 月〜2022 年1 月末)の運用を予定しております。

【経産省事業受給者様向け】

アンケートやシステム操作に関するお問い合わせは下記お問い合わせ先までご連絡ください。

TEL:050-2018-6164(9:00〜17:00 土日祝祭日を除く)

※本電話番号は繁忙期のみ(今年度は2021 年11 ⽉〜2022 年1 ⽉末)の運用を予定しております。

再エネ100%電力要件、補助事業の概要に関するお問合せ

環境省 令和2年度第3次補正予算 EV等補助事業 問合せ窓口
TEL:03-6627-6486

10

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ