大気環境・自動車対策

平成22年度大気汚染状況 | PM2.5

微小粒子状物質(PM2.5)

 平成22年度の微小粒子状物質の有効測定局数は、46局(一般局:34局、自排局:12局)であった。
 長期的評価のうち長期基準に対する環境基準達成状況は、一般局で18局(52.9%)、自排局で2局(16.7%)であり、一方、長期的評価のうち短期基準に対する環境基準達成状況は、一般局で11局(32.4%)、自排局で1局(8.3%)であった。長期基準及び短期基準の両方を満たした環境基準達成局は、一般局で11局(32.4%)、自排局で1局(8.3%)である。(表6-1)
 なお、環境基準非達成局のうち、黄砂の影響で非達成となった測定局は、長期基準のみについては一般局で2局、自排局で0局、短期基準のみについては一般局で5局、自排局で0局であった。また、黄砂以外の影響で非達成となった測定局はなかった。
 年平均値については、、一般局で15.1μg/m3、自排局で17.2μg/m3であった(図6-1)。

※有効測定局・・・・・測定している機器に等価性のあるもので、かつ年間測定日数が250日以上の測定局。

表6-1 微小粒子状物質の環境基準達成状況
一般局自排局
有効測定局 34局 12局
環境基準達成局
(長期基準と短期基準ともに達成した測定局
11局
(32.4%)
1局
(8.3%)
環境基準非達成局 23局
(67.6%)
11局
(91.7%)
長期基準に対してのみ達成した測定局(短期基準は非達成) 7局
(20.6%)
1局
(8.3%)
短期基準に対してのみ達成した測定局(長期基準は非達成) 0局
(0.0%)
0局
(0.0%)
長期基準と短期基準ともに非達成の測定局 16局
(47.1%)
10局
(83.3%)

図6-1 微小粒子状物質の年平均値及び測定局数の推移
図:図6-1 微小粒子状物質の年平均値及び測定局数の推移

H22
一般局年平均値(μg/m3) 15.1
測定局数 34
自排局年平均値(μg/m3) 17.2
測定局数 12

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ