令和3年度 食品ロス削減環境大臣表彰

受賞者紹介

【部門A】 mottECO (モッテコ)賞

株式会社セブン&アイ·フードシステムズ、ロイヤルホールディングス株式会社

事業名称

mottECO 普及による食品ロス削減と脱プラ両立プロジェクト

受賞者の評価ポイント
  • 効果及び波及·将来性、実践性、貢献·成果、先進性の観点で、特に高い評価を得た。
  • 競合他社が協働して成果を生み出しており、大手企業が先導することで、mottECOに関する波及効果も期待される。
  • 同時に実施しているアンケートから、持ち帰りの実態が明らかになっている点は、今後の普及拡大に向けた対策の検討に有益である。
事業詳細

mottECO 普及による食品ロス削減と脱プラ両立プロジェクト[PDF : 792KB]

食品ロス削減環境大臣表彰 受賞者紹介イメージ

【部門B】フードドライブ賞

株式会社ダイエー、神戸市、株式会社サカイ引越センター

事業名称

~業界を超えた連携~ フードドライブ活動の更なる発展に向けて

受賞者の評価ポイント
  • 効果及び波及·将来性、実践性、先進性の観点で、特に高い評価を得た。
  • 業界の垣根を越えての連携が高く評価でき、物流の効率化に着手した点は工夫が見受けられる。
  • 消費者の参加しやすさに最大限配慮しつつ、面的な広がりや多様なステークホルダーの巻き込みを実現している。
事業詳細

~業界を超えた連携~ フードドライブ活動の更なる発展に向けて[PDF : 449KB]

食品ロス削減環境大臣表彰 受賞者紹介イメージ

【部門C】食品ロス削減の取組賞

社会福祉法人正和会

事業名称

「急速凍結」を活用し食べ残しゼロへ。
高齢者ひとりひとりに寄添った新しい食事提供方法で食品ロス削減の取組

受賞者の評価ポイント
  • 効果及び波及·将来性、実践性、貢献·成果、具体性、先進性、継続性の観点で、特に高い評価を得た。
  • 食べ残しの対策が特に難しいと言われる高齢者向け施設において、入居者の状況をよく理解した方が、急速冷凍技術を上手く活用することで、実際に食べ残しの削減を実現している。
  • 今後の高齢化社会において重要な取り組みであり、日本全国で広く活用されることが期待される。
事業詳細

「急速凍結」を活用し食べ残しゼロへ。高齢者ひとりひとりに寄添った新しい食事提供方法で食品ロス削減の取組[PDF : 930KB]

食品ロス削減環境大臣表彰 受賞者紹介イメージ

TOP