ホーム > 地図で発見!身近な環境研究 > 海ゴミによる化学汚染物質輸送の実態解明とリスク低減に向けた戦略的環境教育の展開

地図で発見!身近な環境研究

海ゴミによる化学汚染物質輸送の実態解明とリスク低減に向けた戦略的環境教育の展開

研究代表者
: 磯辺 篤彦
所属
: 愛媛大学
関連地域
: 長崎県・五島、石垣島、酒田、対馬、稚内、輪島

本研究では、全国の海岸に設置したウェブカメラやバルーンによる空撮によってゴミ漂着量を数値化し、さらに漂流ゴミのコンピュータ・シミュレーションを行うとともに、実際に漂着したゴミに含まれる化学汚染物質を分析している。これによって、東アジアにおける、発生源から漂着海岸までの海ゴミ輸送やゴミを介した化学汚染物質輸送の実態を明らかにする。また、地域住民と地域行政、そしてNPOや研究者が参加する海ゴミ・サイエンスカフェを開催して、研究成果を社会還元することで、地域に根差した海ゴミ調査・清掃活動体制の構築を図る。地域住民には海ゴミ調査員としてのボランティア参加を呼び掛けている(プロジェクトHP参照)。

研究プロジェクトホームページ「海ゴミプロジェクト」新しい画面を開きます


長崎県五島列島での漂着ゴミ回収調査


石垣島でのバルーンによる海岸漂着ゴミの空撮調査


酒田市で開催した海ゴミ・サイエンスカフェ

←地図で発見!身近な環境研究 一覧ページへ  ↑ページトップへ