ホーム > 地図で発見!身近な環境研究 > 降雨に伴う流量増大時の栄養塩多量流入に対する内湾生態系の応答に関する研究

地図で発見!身近な環境研究

降雨に伴う流量増大時の栄養塩多量流入に対する内湾生態系の応答に関する研究

研究代表者
: 井上 隆信
所属
: 豊橋技術科学大学
関連地域
: 愛知県・三河湾

赤潮、貧酸素水塊の発生を抑制し、内湾の健全な生態系を回復するためには、栄養塩の流域からの流入とその湾内生態系の応答を明らかにする必要があります。栄養塩が多量に流入する降雨に伴う流量増大時に着目し、三河湾の湾奥部を対象にして、河川から湾内への栄養塩流入負荷量、それに伴う湾内の栄養塩濃度や湾内生態系の変化について詳細な実測調査を実施します。また、湾内生態系において重要なアマモ場、アサリ漁場の降雨時流入による影響及び栄養塩除去能についても調査を実施します。

これらの調査結果を基に、湾内での栄養塩の挙動や赤潮、貧酸素水塊の発生がシミュレート可能なモデルを作成し、種々の対策を講じた場合の効果について検討を行い、効果的な赤潮、貧酸素水塊の発生抑制手法の提案を行います。


流入河川での観測風景


三河湾での観測風景


アマモ場と波高計の設置状況

←地図で発見!身近な環境研究 一覧ページへ  ↑ページトップへ