ホーム > 地図で発見!身近な環境研究 > 湖内生産および分解の変化と難分解性有機物を考慮した有機汚濁メカニズムの解明

地図で発見!身近な環境研究

湖内生産および分解の変化と難分解性有機物を考慮した有機汚濁メカニズムの解明

研究代表者
: 一瀬 諭
所属
: 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
関連地域
: 滋賀県・琵琶湖

 湖沼の有機汚濁メカニズムを解明するうえで、湖沼内部での有機物生産構造を把握することが重要ですが、その長期的な変動を調べることは大変困難です。
 そこで本研究では、琵琶湖を対象として動植物プランクトンの長期変動を解析し、生物量や有機物生産量の長期変遷を明らかにします。また、植物プランクトン由来の有機物(一次生産有機物)の湖沼内での挙動を把握するため、植物プランクトンの培養技術を確立し、一次生産有機物の特性評価及び分解特性評価を行います。同時に一次生産有機物のバクテリア分解に伴う有機物の質的変化の観点から微生物分解過程での有機物生成を評価し、難分解性有機物を考慮しつつ、琵琶湖への有機汚濁負荷における内部生産の寄与を明らかにします。この成果は今後の琵琶湖管理政策へ反映していく予定です。

参考:びわ湖のプランクトン観測室新しい画面を開きます


プランクトンの計数作業


植物プランクトン培養室

←地図で発見!身近な環境研究 一覧ページへ  ↑ページトップへ