皇居外苑地区は、黒松の点在する大芝生広場と江戸城のたたずまいを残す濠、城門などの歴史的建造物とが調和し、我が国を代表する公園として親しまれています。
 北の丸地区は、旧近衛連隊の跡地を森林公園として整備したもので、皇居内で一般公開がなされている東御苑をはさんで、皇居外苑地区と連絡し、一体的な公園利用が可能となっており、散策や自然観察などに利用されています。
 皇居のお濠は、都市部にある貴重な水辺と緑の空間で、多様な生物の生育・生息場所となっています。環境省では、この貴重な自然環境を永続的に保護していくために、水質の改善によるアオコの抑制や動植物の保護に取り組んでいます。➡皇居外苑濠 水環境保全の取り組み その他お濠における取り組みについてはこちらからご覧ください。

お知らせ 一覧

皇居外苑ニュース 一覧