共通ナビゲーションを飛ばす
TOP
環境省 > 地球環境・国際環境協力 > 国際環境協力 HOME > 国別・地域別協力 > 日・シンガポール環境政策対話
Loading

国別・地域別協力

日・シンガポール環境政策対話

日本は、2010年、「日本国環境省とシンガポール共和国国家環境庁間の3R(リデュース、リユース、リサイクル)と固形廃棄物分野の協力に関する同意書」に署名し、2013年7月まで、協力を進めてきました。右同意書の期間が終了したことを契機に、両省はより包括的な環境協力を実施していくことを目的とし、2014年に「日本国環境省とシンガポール共和国国家環境庁との環境協力に関する同意書」を締結しました。その後、同協定に基づき、様々な活動が実施されています。

開催年 開催地 会議概要
第1回
(2014年)
シンガポール 3R・固形廃棄物管理に加え、焼却灰の再利用、大気汚染、騒音対策等の分野においても協力を推進することに合意し、今後の政策対話の方針を確認した。
シンガポール共和国国家環境庁との環境協力に関する同意書の署名について
第2回
(2015年)
東京 3Rと固形廃棄物管理、大気汚染分野等について、両国の政策や経験を共有し、意見交換を行い、引き続き二国間の環境協力を一層推進することを合意した。また、2015年は廃棄物管理、リサイクル分野で協力を続けていくこと、次回の政策対話では、騒音対策、及び放射線量のモニタリングについて、経験を共有していくことに合意した。
第2回日本・シンガポール環境政策対話の結果について
第3回
(2016年)
シンガポール 気候変動に対する適応計画、放射性物質モニタリングと除染等で生じた廃棄物の管理及び自動車の排気ガス規制に関する大気汚染対策について、両国の政策や経験を共有し、意見交換を行い、引き続き二国間の環境協力を一層推進することを合意した。
第3回日本・シンガポール環境政策対話の結果について
第4回
(2017年)
東京 大気汚染規制、気候変動、水質管理(特に、沿岸及び閉鎖性海域の水質モニタリング)等につき、両国のこれまでの取り組みや導入予定の政策について、意見交換を行い、継続して協力活動を包括的かつ効率的に実施していくことを合意した。また、ASEAN及びアジア太平洋3R推進フォーラム等の国際的枠組みを使用し、両国が協調して環境保全及び気候変動対策を推進していくことを確認した。
日本国環境省とシンガポール共和国との環境協力に関する協力覚書署名及び第4回環境政策対話の開催結果について
第5回
(2019年)
シンガポール 両国における環境に関する重点分野について共有し、主に廃棄物管理、土壌汚染、気候変動(特に日本の長期戦略の策定状況及びシンガポールの炭素税)について意見交換を行い、二国間、ASEAN地域、国際的枠組みにおいて、連携を強化していくことに合意しました。
第5回日本・シンガポール環境政策対話の結果について