全国15地域でエコチル調査を行っています

全国15のユニットセンターと約400の医療機関がエコチル調査を実施しています。
各ユニットセンターでは、産科医、小児科医、環境保険専門医、助産師、保健師、看護師、臨床心理士などたくさんのスタッフがエコチル調査参加者をサポートしています。

地図上のセンター名をクリックすると各ユニットセンターのスタッフ紹介がご覧いただけます。

全国スタッフ紹介MAP

 

北海道ユニットセンター

北海道ユニットセンター / 旭川サブユニットセンター / 北見サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 参加者向け広報誌「エゾチル通信」の発行(年2回)
  • 旭川、北見地区では地域密着の参加者向けニュースレターの発行
  • 参加者子ども向け広報誌「エゾチル通信ミニ」の発行(年2回)
  • HPでのイベント案内、スタッフブログ、エゾチルキッズ写真館など

スタッフ紹介コメント

北海道ユニットセンターでは、札幌、旭川、北見の3つの地域のスタッフが連携を取りながら、調査を推進しています。特に、冬は寒く、雪も多いため、苦労や工夫が必要なこともありましたが、スタッフみんなで知恵を出し合って、協力して調査を行っています。参加者のみなさまに気持ちよく、楽しみながら調査にご協力をいただけるよう、親切、丁寧な参加者対応を心がけております。また、参加者向けのイベント(遠足、社会科見学、料理教室、フルーツ狩りなど)の企画、運営や市民向けのアウトリーチ活動(市民講演会、出張講義など)も積極的に行っております。

公式HP

 

北海道ユニットセンター

北海道ユニットセンター

北海道ユニットセンター / 旭川サブユニットセンター / 北見サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 旭川地区でのニュースレターの発行(年1回)
  • 旭川地区での親子向けイベントの開催

スタッフ紹介コメント

旭川サブユニットセンターでは、旭川地区での参加者に向けた広報誌の発行や、オリジナルのイベントを開催し、参加者さまとのコミュニケーションや参加者さまのモチベーションアップとなるように努めております。また、調査が円滑に進むように北海道ユニットセンターでのスタッフ研修に参加したり、参加者さま向けイベントの企画や運営なども行っております。

公式HP

 

旭川サブユニットセンター

北海道ユニットセンター

北海道ユニットセンター / 旭川サブユニットセンター / 北見サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 北見地区参加者向け広報誌 「すまいる!エコチル」
  • キッズダンスなど、お子様が楽しめるイベント(不定期)
  • Twitter@ECOCHILkitami

スタッフ紹介コメント

北見といえばカーリング!夏は暑く、冬は寒い!そんな環境下にある日本赤十字北海道看護大学を拠点に調査を進めています。スタッフは大学教員4名、事務職員1名、調査員4名と事務補助員2名で構成されています。オホーツク圏にお住まいの参加者様に、少しでも楽しくエコチル調査にご参加いただけるよう日々努めております。小さなユニットだからこそできる、おひとりおひとりに寄り添った対応を心掛けて、これからも活動してまいります。

公式HP

 

北見サブユニットセンター

宮城ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • ムックとガチャピンによる表敬訪問
  • 参加者向け『エコチルだより』の発行(定期)

今後は食育や健康まつりに参画していく予定です!

スタッフ紹介コメント

宮城ユニットセンターの調査地域は、県北は気仙沼市から、県南は山元町まで14市町に及びます。調査地域が広いため、インフォームドコンセントなどを担当するリサーチコーディネーターは35名にもなります。各地域ごとにサブセンターを設置し、各地の医療機関と密接に連携しながら、またそれぞれの地域柄を生かしながら、調査に取り組んでいます。

また、場合によっては出産で仙台市の高度医療機関に搬送されることもありますので、その時は仙台市で待機しているリサーチコーディネーターがフォローアップを引き継ぐ体制となっています。

公式HP

宮城ユニットセンター

福島ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

福島ユニットセンターでは、福島本部事務所と郡山事務所の2つの事務所を拠点に両事務所合計40数名のスタッフが連携して福島県内59全市町村を対象に調査を行っています。リクルート時の参加者の皆様の「エコチル調査に参加したい、13年間続けたい」という気持ちを継続していただけるよう、”参加者さんとの顔の見えるコミュニケーション”をモットーに、県内各地域で「ふれあい会」を開催するなどきめ細かな対応に心がけて日々がんばっています。これからも、参加者の皆様のご理解とご協力を得ながらエコチル調査を着実に進め、未来の子どもたちが安心して健やかに育つ環境づくりを目指して、スタッフ一同全力で取り組んでまいります。

公式HP

福島ユニットセンター

千葉ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『参加者限定イベント』の開催(年12回)
  • 『ニュースレター』の配信(年2回)
  • ブログ

スタッフ紹介コメント

森センター長を中心に、あたたかな人間味あふれるスタッフたちが、時にくだけた冗談で笑い合い、時に熱く議論やアイデアを交わし合いながら仕事をしています。
「若いママたちに協力を呼びかけるには、まずスタッフ自身が、エコチル調査の意義を実感していることが肝心」ということで、隔月で研修を実施。アレルギーや子どもの体調のこと、PM2.5やシックハウスのこと等々、子どもの健康に環境がいかに大きな影響を及ぼすかを知るほどに、各自のモチベーションもアップ! 
自分の仕事にプライドを感じながら頑張っている仲間たちです。

公式HP

千葉ユニットセンター

神奈川ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

神奈川ユニットセンターは、横浜市立大学が横浜市金沢区・小田原市・大和市でリクルートした同意者を対象に、調査を続けています。
質問票の発送スタッフ、返送していただいた質問票の入力スタッフ、謝礼発送スタッフなどが日々頑張っています。
また、詳細調査担当スタッフも今日は小田原、今日は大和と忙しく、動き回っています。

学童期検査も対象地域で実施します。皆様と直接お会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています。

公式HP

神奈川ユニットセンター

甲信ユニットセンター

甲信ユニットセンター / 甲信サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

山梨県の真ん中、中央市の山梨大学医学部キャンパス内にある「甲信ユニットセンター・エコチルやまなし」は、山縣然太朗センター長を中心に、特任教員3名、リサーチコーディネーター(RC)6名、事務スタッフ7名の計17名でエコチル調査に取り組んでいます。

スタッフ全員が参加者リクルートから関わり続けているエコチル調査の“ベテランさん”。RCは全員が保健師や看護師の資格を持っており、参加者さんのフォローアップや詳細調査の実施に、知識と経験を生かして毎日フル回転しています。
エコチル調査というビッグプロジェクトに挑み続けることで深まった「チームワーク」と、鍛えられた「フットワーク」を活かし、子どもたちが安全で安心して暮らせる環境づくりを目指します!

公式HP

甲信ユニットセンター

甲信サブユニットセンター

甲信ユニットセンター / 甲信サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『キッズヨガ教室・親子体操』を開催(定期)
  • 『エコチルフェスティバル』を開催(年1回)
  • 『エコチル信州応援団(FM長野)』ラジオ番組の放送

スタッフ紹介コメント

私たちは雄大な自然に囲まれた信州地域で東に南アルプス、西に中央南アルプスのふたつのアルプスを望む風光明媚な上伊那地域をメインに活動しています。
メンバーはそれぞれ看護師や助産師の資格を持ち専門知識とともに信州の自然で育まれた大きな心と優しさで懇切丁寧に皆様に接しています。
エコチル調査が未来のこどもたちへ健やかな地球環境をもたらす素晴らしいプレゼントとなるよう、協力してくださる皆様とともにしっかり歩んでいきたいと思います!

公式HP

甲信サブユニットセンター

富山ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

富山ユニットセンターは、標高3,000m級の北アルプスと、美味しい魚介類の宝庫・日本海を満喫できる富山県にあります。
調査・質問票データ入力・研究解析・事務局の各部門が連携し、エコチル調査を実りあるものにするべく全力で取り組んでいます。
調査参加者さまに「参加していてよかった!」と感じていただけるよう、スタッフみんなで知恵をしぼっていろいろなイベントを企画しています。
また、参加者さまにはもちろん、広く一般の方にも、エコチル調査の成果をわかりやすくご紹介しています。

公式HP

富山ユニットセンター

愛知ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 「eco愛children!magazine」の発行(年3回)
  • 「エコチル あいち こどもマガジン」の発行(年3回)
  • 公開講座(年1回)参加者・地域への成果の還元
  • Facebook
    エコチル愛知ユニットセンター

スタッフ紹介コメント

愛知ユニットセンターの調査対象地域は名古屋市北区、一宮市です。私たちは参加者の皆さまとの対面コミュニケーションを大切にしています。調査で出会うエコチルキッズの笑顔や笑い声からパワーをもらったり、ママたちとの何気ない会話の中からヒントをもらったりしながら日々業務の改善に取り組んでいます。エコチルキッズが13歳になるまでの大切な期間をこれからもご家族と共に歩んでいきたいと願っています。「未来の子どもたちのために、今の私たちにできること」に一生懸命なユニットセンターです。

公式HP

愛知ユニットセンター

京都ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 発達・健康相談(3地区にて)
  • ニュースレター「エコチルどすえかわら版」(1年に2回発行)
  • メルマガ(1か月に2回配信)
  • エコチルフェスタと3地区でのイベント

スタッフ紹介コメント

京都ユニットセンターは、京都市左京区・北区、木津川市、滋賀県長浜市の3地区にて、京都大学医学研究科と、同志社大学赤ちゃん学研究センターが協力して調査を行っています。3地区のスタッフはそれぞれの場所で、参加者の皆さまから、子どもの成長を感じる幸せ・感動を分けていただきながら、誇りと責任を持って日々の業務にあたっています。場所が離れているのでスタッフ同士はなかなか会えませんが、みんな仲良しです。願いは一つ。エコチルキッズが親になる頃までに、子育てしやすい環境をプレゼントできますように!

いつも参加者の皆さまとともに歩むユニットセンターでありたいと思っています。

公式HP

京都ユニットセンター

大阪ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク「たこチル」 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • HPに子育て応援コラムを更新(月2回)

これからもみなさんに役立つ情報やイベント開催のお知らせ等を提供していきます!

スタッフ紹介コメント

大阪ユニットセンターは大阪大学と大阪母子医療センターが共同で調査を行っています。
リサーチコーディネーター(RC)に看護職などの専門職が多く、協力医療機関で妊婦さんと出会っているのが特徴で、参加者の妊娠経過を見守りご出産の喜びを共に分かち合っています。
今回は、私たちのボスの磯博康センター長を紹介します。大阪大学の公衆衛生学の教授で、クールに見えますが、意外に熱血漢で、RCの新年会や暑気払いなどには必ず出席して、ユニットの要となっています。HPの動画コーナーにも出ていますので、ぜひご覧ください!

公式HP

大阪ユニットセンター

兵庫ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 参加者向け『エコチルひょうご』を発行
  • 親子で楽しめるイベントを年数回開催!
  • HP「エコチルライフ」ではエコチルママが記事を執筆中!

ご家族で楽しんでいただけるイベントを開催中!是非ご参加ください!

スタッフ紹介コメント

いつもエコチル調査にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。兵庫ユニットセンターでは、参加者の皆様からお預かりした質問票や生体試料などのデータを蓄積して、次世代の健康につながる研究を進めております。また、調査で得られた成果や進捗状況を広報誌などにてお伝えし、親子で楽しんでいただけるイベントも開催しております。イベントなどで参加者の皆様とお会いできることが私たちスタッフのパワーの源です!お子さまが13歳になるまで続く長期間の調査となりますが、皆様お一人おひとりのご協力によって成り立っています。引き続きエコチル調査へのご協力をよろしくお願いします。

公式HP

兵庫ユニットセンター

鳥取ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

参加者の皆さま、ご協力ありがとうございます。
鳥取大学医学部内にある鳥取ユニットセンターは、海や山など豊かな自然に囲まれた地域にあります。

子育て真っ最中のスタッフが多く、育児をがんばるお母さん方や、すくすく成長する子どもたちにエールを送る思いで日々の仕事に取り組んでいます。

お子さんが13歳になるまで調査が続きます。これからも協力して下さる皆さまと一緒に歩んでいき、子どもたちの健やかな未来のために貢献していきたいと思います。

公式HP

鳥取ユニットセンター

高知ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

今後も家族で楽しめるイベントを開催していきます!

スタッフ紹介コメント

高知ユニットセンターは高知大学医学部内にあり、南国土佐のあたたかい気候に恵まれた土地で調査を行っています。
菅沼ユニットセンター長以下、南事務局長、16名のリサーチコーディネーターや事務局でのフォローアップスタッフ、データ入力スタッフ等一丸となり地球の未来の子どもたちのために、日々調査を支えています。この土地ならではの、はちきん※1女性たち が集結しています。    
調査開始時、私たちの希望として誕生した高知ユニットセンターキャラクター「ちょるるん」。いつもニコニコ、つらい時もうれしい時もずっと私たちのそばにいます。
お子さんが13歳になるまで、調査はまだまだ続きます。今後とも皆様のご協力・ご理解をよろしくお願いします!
※1 土佐弁で「男勝りの女性」

公式HP

高知ユニットセンター

福岡ユニットセンター

産業医科大学サブユニットセンター / 九州大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

産業医科大学サブユニットセンターは、福岡県北九州市八幡西区の産業医科大学の中にあります。
事務局は、副センター長下野医師以下、教員、リサーチコーディネーターや事務スタッフで構成されています。
当サブユニットセンターは2011年に登録が始まったエコチル調査(本調査)と本調査に先行するパイロット調査を実施しています。スタッフ全員が情報交換しながら、活発に活動しています。
13年間と長い調査になりますが、参加者の皆さんが少しでも楽しく調査にご協力いただき、「参加して良かった」と思ってくださるよう、より良い調査を続けていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

公式HP

産業医科大学サブユニットセンター

福岡ユニットセンター

産業医科大学サブユニットセンター / 九州大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『すくすくえこちるっこ!ふくおか』を発行(年4回)

スタッフ紹介コメント

九州大学サブユニットセンターは、福岡市東区の九州大学内にあり、産婦人科医・小児科医・看護師・臨床心理士・事務員総勢22名のスタッフで運営しています。
2011年に登録が始まったエコチル調査(本調査)と本調査に先行する調査(パイロット調査)を実施しています。
参加者の皆さま、地域の皆さまと一緒に、より良い調査となるようスタッフ一同努力してまいります。
次世代の子どもたちが明るく健やかに成長できる環境づくりのため、エコチル調査へのご協力をよろしくお願いいたします。

公式HP

九州大学サブユニットセンター

南九州・沖縄ユニットセンター

熊本大学サブユニットセンター / 宮崎大学サブユニットセンター / 琉球大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマークマスコットキャラクター
私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『エコチルだより in kumamoto』年1回発行
  • 情報誌 『ひごチルplus』年に1回発行
  • 年1回 各調査地域でイベントを開催
  • 忙しいエコチルママのための応援企画!「スタンプラリー」を実施

スタッフ紹介コメント

熊本大学サブユニットセンターは、南九州・沖縄ユニットセンター長の加藤貴彦先生を中心に、産科婦人科学分野の大場先生・小児科学分野の中村先生・新生児学寄附講座の三渕先生に支援をいただきながら、エコチル調査専任の教員を中心に、総勢18名のスタッフで調査を進めています。私たちは、エコチル調査に情熱を持って取り組むことが、未来のこどもたちの幸せにつながっていくと信じ、スタッフ一丸となって日々頑張っています。参加者の皆さま、エコチルを支援してくださっている皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

公式HP

南九州・沖縄ユニットセンター

南九州・沖縄ユニットセンター

熊本大学サブユニットセンター / 宮崎大学サブユニットセンター / 琉球大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク
私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • ハッピーフェスタ(年1回)
  • 『のびのびのべチルNEWS』を発行(年1〜2回)

今後もみなさんに楽しんでいただけるイベントを開催していきます!

スタッフ紹介コメント

宮崎大学サブユニットセンターは、宮崎大学内と調査地である延岡市に事務局があり、連携して業務を行っています。
スタッフには現役ママも含め、育児経験豊富なメンバーも多く、参加者の皆さんに寄り添った対応を常に心がけています。
お子様が13歳になるまで調査はまだまだ続きますので、これからもご協力をよろしくお願いします!!

公式HP

宮崎大学サブユニットセンター

南九州・沖縄ユニットセンター

熊本大学サブユニットセンター / 宮崎大学サブユニットセンター / 琉球大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク
私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

今後も家族みんなで楽しめるイベントを企画していきます!

スタッフ紹介コメント

 琉球大学(沖縄)サブユニットセンターの調査対象地域は事務局から300q離れた宮古島です。調査対象地域が遠方のため、現地に宮古事務所を設置し常駐のリサーチコーディネーター2名とサブユニットセンター事務局スタッフが連携をとりながら活動しています。また、詳細調査では現地の協力医療機関と密接に連携しながら調査に取り組んでいます。スタッフ一人ひとりが誇りや責任を持って楽しみながら業務を行っています。

公式HP

琉球大学サブユニットセンター

pagetop