環境ラベル等データベース   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省 >総合環境政策 >環境ラベル等データベース >情報を見る >世界の主要なラベル >ニュージーランド
情報を見る情報を掲載する制度全般を知る
世界の主要なラベル

■世界の主要な環境ラベル制度(GENに加盟しているもの)

制度名/参加国Environmental Choice New Zealand(環境チョイス)/ニュージーランド Environmental Choice New Zealand(環境チョイス)/ニュージーランド
運営主体
ニュージーランド環境ラベルトラスト(New Zealand Ecolabelling Trust)
制度の開始年1990年
概要
政府が導入したエコラベル制度。
環境に関するクライテリア(認定のための基準)及び製品特性により構成される、商品ごとの規格を満たすものに対してラベルの使用を認めるもの。




対象品目
商品類型は以下の通り(2006.01.ホームページ確認情報)。
 ・Hand Dishwashing Detergents
 ・Laundry Detergents
 ・Machine Dishwashing Detergents
 ・Wool Pile Carpet
 ・Wool-Rich Pile Carpets
 ・Recycled Plastic Products
 ・Paints
 ・Re-Refined Lubricating Oil
 ・Lead Acid Batteries
 ・Paperboard products
 ・Newsprint Derived Products
 ・Sanitary Paper Products
 ・Recycled Papers
 ・Macerated Paper Products from Recycled Paper
 ・Moulded Paper Products from Recycled Paper
 ・Printing Inks
 ・Recycled Rubber
 ・Gypsum Plasterboard
 ・ General Purpose Cleaners
 ・ Mulch Mat
 ・ Copying Machines, Printers, Fax Machines and Multifunctional Devices
 ・Thermal( resistive-type ) Building Insulants
 ・ Office Papers / Printing Papers
 ・ Computers
 ・ Floor covering
 ・ Toiletries
 ・ Toner Cartridge
認定商品
認定商品数は200以上(2006.01.ホームページ確認情報)。
ホームページ上で認定商品に関する情報が公開されている。
着目する
環境影響
原材料の採取、又は天然資源の産出から最終処分に至るプロセスにおける環境負荷を考慮してクライテリアを策定している。
認定手続
商品の認定手続は以下の通り。商品テストの結果を含む申請者の自己証明文書によって審査が行われる。ISO9000、ISO14000や同等の環境管理、品質管理などについても審査される。
 ・ 製造者、流通業者、小売業者による申請。
 ・ニュージーランド環境ラベルトラストによる審査。
 ・商品認定、契約。
HPアドレスhttp://www.enviro-choice.org.nz/
問い合わせ先(上記ホームページに問い合わせ先等の記載あり)
主要
参考文献等
*1上記ホームページ
*2「世界各国におけるエコラベリング制度実態調査報告書」(財)日本環境協会、平成10年3月

戻る
▲このページの先頭へ