環境ラベル等データベース環境物品を選ぶための情報ページ   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省 >総合環境政策 >環境ラベル等データベース >制度全般を知る >Q&A 
情報を見る情報を掲載する制度全般を知る
QA

環境ラベルや本データベースに関する様々な疑問にお答えします。

 Q1.どのようなものが「環境ラベル」なのですか。
 Q2.色々な環境ラベルがあり、どの環境ラベルを見たらよいのか分かりません。
 Q3.同じ環境ラベルが付いている商品がたくさんあります。どれを選んでも同じですか。
 Q4.環境ラベルが付いていない商品は環境に良くないのですか。
 Q5.このホームページで紹介されている環境ラベル制度の情報は、誰かが内容を確認しているのですか。
 Q6.このホームページで紹介されている環境ラベル制度は、環境ラベルの国際規格に適合しているのですか。
 Q7.「第三者機関や事業者団体等が実施する制度」と「個々の事業者が自ら実施する制度」では、どのように違うのですか。
 Q8.環境ラベルが付いた商品のリストはありませんか。
 Q9.誤った情報が環境ラベルとして商品に表示されることはないのですか。



 問11. どのようなものが「環境ラベル」なのですか。
  • 「環境ラベル」とは、「製品やサービスの環境側面について、製品や包装ラベル、製品説明書、技術報告、広告、広報などに書かれた文言、シンボル又は図形・図表を通じて購入者に伝達するもの」を、幅広く指す用語です。代表例としては、本データベースで紹介しているエコマークが挙げられます。
  • 本データベースでは、環境物品を選ぶ際に参考となる情報源を、環境ラベル等として幅広く紹介しています。紹介に際しては、消費者の方々に制度の内容を理解していただけるよう、[1]実施要領など制度の内容に関する文書の公開や、[2]マークを使用するための基準や手続の公開などをお願いしています。
  • なお、より狭義の意味で、本データベースで区分した2種類の情報提供手法のうち、「環境負荷データ表示/提供」を除く、「マーク等表示」(同等の機能を有する物品・サービスのグループの中で、当該物品・サービスが環境負荷の低減に資する物品・サービスであることを、マーク等を表示することにより示すもの)のみを、「環境ラベル」として指す場合もあります。
もどる
 問22. 色々な環境ラベルがあり、どの環境ラベルを見たらよいのか分かりません。
  • 商品の環境への配慮度を評価するためには、資源の採取から廃棄までのライフサイクル全体及び幅広い環境負荷項目について、全体的に考慮に入れることが重要です。できるだけ、様々な環境影響を全体的に考慮した環境ラベル制度を活用することが望まれます。
  • それぞれの環境ラベル制度の具体的な認定基準は、制度により異なります。それぞれ商品の認定基準については、そのラベル制度の運営主体に個別に確認してください。
  • 「第三者機関・事業者団体等が実施する制度」は、「個々の事業者が自ら実施する制度」とは違い、同じ基準のもとで複数の事業者の商品を比較することができます。
もどる
 問33. 同じ環境ラベルが付いている商品がたくさんあります。どれを選んでも同じですか。
  • ある環境ラベル(マーク)が付いている商品は、そのラベル制度の認定基準を満たしていることを表しています。マークが付いた商品の中には、認定基準をぎりぎりクリアした商品から、認定基準を大幅に上回る商品まで様々なものがあります。より環境に配慮した商品を選びたい場合は、マークに添付されている詳しい情報などを見て確認して下さい。
もどる
 問44. 環境ラベルが付いていない商品は環境に良くないのですか。
  • 環境ラベルの表示は、必ずしも義務付けられているものばかりではないため、環境ラベルが付いていないからといって環境に良くないわけではありません。環境ラベル以外の方法でも事業者等から様々な環境情報が提供されているので、商品の環境特性が不明な場合は個別に確認するとよいでしょう。
もどる
 問55. このホームページで紹介されている環境ラベル制度の情報は、誰かが内容を確認しているのですか。
  • このホームページでは、それぞれの環境ラベル制度の運営主体が提供する情報を掲載しています。このホームページに掲載されている情報は、それぞれの団体、事業者の責任に基づくものです。
もどる
 問66. このホームページで紹介されている環境ラベル制度は、環境ラベルの国際規格に適合しているのですか。
  • 環境ラベルの国際規格は、法律のように適合が義務付けられる性格のものではありませんので、国際規格に適合しているラベル制度もあれば、適合していないラベル制度もあります。また、このホームページでは、環境ラベルに関する国際規格(ISO14020シリーズ)に適合していることを、掲載の条件としているわけではありません。個別の環境ラベル制度の国際規格への適合性については、それぞれのラベル制度の運営主体に確認してください。
もどる
 問77. 「国及び第三者機関が実施する制度」「事業者団体等が実施する制度」「個々の事業者が自ら実施する制度」は、どのように違うのですか。
  • 「個々の事業者が実施する制度」では、事業者内で認定基準を決めているものがほとんどですが、「国及び第三者機関が実施する制度」「事業者団体等が実施する制度」の場合、認定基準等の策定プロセスが公開されているなど、様々な関係者の意見を取り入れて運営されているものが多くなっています。 さらに、「国及び第三者機関が実施する制度」では、環境ラベル等を表示する主体から独立した第三者が制度を実施しています。
  • また、「国及び第三者機関が実施する制度」「事業者団体等が実施する制度」は、「個々の事業者が自ら実施する制度」とは違い、同じ基準のもとで複数の事業者の商品を比較することができます。
もどる
 問88. 環境ラベルが付いた商品のリストはありませんか。
  • 環境ラベルが付いた商品のリストは、それぞれの環境ラベル制度に関するホームページで等で公開されています。ただし、一部ラベル制度については、ホームページに商品リストが掲載されていないため、それぞれの運営主体に個別に問い合わせて下さい。
もどる
 問99. 誤った情報が環境ラベルとして商品に表示されることはないのですか。
  • 環境ラベルの国際規格では、購入者に誤解を与えることがないよう、あいまいな表現などの不適切な表示をしないよう求めています。また、環境省や公正取引委員会においても、環境ラベルの不適切表示の排除に向けた取組を実施しています。表示に疑問がある製品を見つけた場合は、是非、事業者に問い合わせをしてください。購入者の方々のそうした取組が、不適切表示の抑制につながります。
もどる