環境ラベル等データベース環境物品を選ぶための情報ページ   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省総合環境政策環境ラベル等データベース >制度全般を知る >ISOの環境ラベルに関する規格 
情報を見る情報を掲載する制度全般を知る
ISOの環境ラベルに関する規格

各国の代表的標準化機関から成るISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)*では、以下のように環境ラベルを3つのタイプに分けて規格を制定しています。
注:このホームページで紹介されている各制度が、これらの該当する規格に準拠しているかどうかは、環境省が保証するものではありません。

*環境ラベル:製品やサービスの環境側面について、製品や包装ラベル、製品説明書、技術報告、広告、広報などに書かれた文言、シンボル又は図形・図表を通じて購入者に伝達するもの。本データベースで紹介した制度の多くが、この環境ラベルに該当すると言えます。
*ISO:製品やサービスの国際交流を容易にし、知的、科学的、技術的及び経済的活動分野における国際間の協力を助長するために世界的な標準化及びその関連活動の発展促進を目指す機関。

ISOにおける名称及び該当規格特徴内容
タイプI(ISO14024)
“第三者認証”
第三者認証による環境ラベル・ 第三者実施機関によって運営
・ 製品分類と判定基準を実施機関が決める
・ 事業者の申請に応じて審査して、マーク使用を認可
タイプII(ISO14021)
“自己宣言”
事業者の自己宣言による環境主張・ 製品における環境改善を市場に対して主張する
・ 製品やサービスの宣伝広告にも適用される
・ 第三者による判断は入らない
タイプIII(ISO14025)
“環境情報表示”
製品の環境負荷の定量的データの表示・ 合格・不合格の判断はしない
・ 定量的データのみ表示
・ 判断は購買者に任される

注:このほか、これらに共通する一般原則を定めたISO14020が制定されている。
出典:(一財)日本規格協会の資料をもとに作成


▲このページの先頭へ