環境ラベル等データベース環境物品を選ぶための情報ページ   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省 >総合環境政策 >環境ラベル等データベース >情報を見る >事業者による取組 >エコアミューズメント
情報を見る 情報を掲載する 制度全般を知る
事業者による取組
[1]概要
(2017年1月)

エコアミューズメント エコアミューズメント
環境ラベル等の特色 バンダイナムコエンターテインメントは2012年1月、国内で販売する業務用ゲーム機を対象に「環境配慮設計ガイドライン」を策定しました。このガイドラインに設けられた「化学物質管理」「省エネルギー」「省資源」「リサイクルしやすい設計」という4つの基準のうち、一定レベルをクリアした製品を『エコアミューズメント』と認定しています。
情報の提供手法
マーク等表示環境負荷データ表示/提供


[2]詳細
(1)事業者名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント

(2)運営開始年
2012年

(3)対象物品等
国内向けアミューズメントマシン :34商品

(4)

着目する環境影響
「化学物質管理」「省エネルギー」「省資源」「リサイクルし易い設計」の4項目に着目している。

表 着目する環境影響
環境負荷項目
基準の概要
1 資源の消費製品のライフサイクルの中で発生する梱包材等の廃棄物削減を念頭に、資源の減量化・減容化につながる設計を行う。 
2 エネルギーの消費製品のライフサイクルにわたり使用されるエネルギーを減らすことは、エネルギー使用によるコストを削減するのみならず、地球温暖化の要因となるCO2削減につながるものであり、製造時、製品使用時における省エネルギーを考慮した製品設計を行う。
3 大気・水・土壌への汚染物質の排出-
4 廃棄物の排出リサイクル前提の設計だけでなく、製品廃棄時に部材選別のしやすさ、解体のしやすさにつながる設計を行う。
5 有害物質の利用製品のライフサイクルを通じて、製品に含有される化学物質が土壌、水質、大気といった地球環境に悪影響を与えることのないように、設計、部品調達における含有化学物質の把握・管理を行う。 
6 生態系の破壊-
7 その他の環境負荷-

(5)基準等(「マーク等表示」の場合はマーク等を使用するための具体的な基準、「環境負荷データ表示/提供」の場合はデータ表示/提供の具体的な様式)の概要

(5.1)化学物質管理
BNE グリーン調達基準/特定化学物質一覧に沿った部材選定、化学物質管理が行われていること。
【具体例】
・「BNEグリーン調達基準適合」を仕様としている。
・「BNEグリーン調達基準適合」を確認するために、構成部材の含有化学物質のデータ入手に努め、製品含有化学物質情報が整理されている。

(5.2)省エネルギー
要素A
・現在の知見で、省エネルギーと考えられる部品(LED照明等の省エネ部品)を積極的に採用している。
要素B
・省電力のための制御(モード)を仕様に盛り込んでいる。

(5.3)省資源
・製品梱包材の使用量(重量)を把握し、最小限の梱包材を使用している。
・省資源のための独自の工夫がされている。

(5.4)リサイクルし易い設計
要素A
・製品で使用する主要成形品(材料表記できるサイズの樹脂成形品)について、材料を明示している。
要素B
・リサイクルを考慮して主要部品(システム基板のラック、外観部品等)が解体、又は取り出しやすい設計を行っている。

環境アセスメントチェックシートに基いて上記各項目について評価を行ない、「化学物質管理」の要素を満たし、かつ「省エネルギー」「省資源」「リサイクルしやすい設計」の要素を1つでも満たした国内向けアミューズメントマシンは、『エコアミューズメント(環境配慮設計製品)』と認定されます。


(6)ISO 14021への準拠状況
ISO 14021の準拠状況について、該当するものの印を■として表示。
□ISO 14021に完全に準拠しています
■ISO 14021に準拠していない事項があります


(7)関連情報の掲載ホームページアドレス(最新情報はこちらで入手してください)
概要、基準等(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
実施要領等:-
対象商品のリスト:-
検証用情報:-

(8)代表者
氏名:大下 聡
住所:東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所

(9)問い合わせ先
部署名:事業推進室品質保証部品質保証推進課
担当者:宅石 揚和(たくいし よういち)
住所:東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所
電話:03-6744-4060
FAX:03-6866-0570
電子メールYoichi_Takuishi@bandainamcoent.co.jp
▲このページの先頭へ