環境ラベル等データベース環境物品を選ぶための情報ページ   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省 >総合環境政策 >環境ラベル等データベース >情報を見る >事業者による取組 >低炭素セメントラベル
情報を見る情報を掲載する制度全般を知る
事業者による取組
[1]概要
(2013年4月現在)

低炭素セメントラベル 低炭素セメントラベル
環境ラベル等の特色 セメント産業最大の責務であるCO2削減に特化した住友大阪セメント(株)建材事業部のタイプII環境ラベル。CO2分子モデルを文字通り2つに”カット”したシンボルです。削減施策を施さなかった従来当社製品比で6%以上のCO2削減率を達成している製品を自主基準によって”低炭素セメント関連製品”と認定し、このラベルを付与しています。
情報の提供手法
マーク等表示環境負荷データ表示/提供


[2]詳細

(1)事業者名
住友大阪セメント株式会社 建材事業部
 
(2)運営開始年
2011年
 
(3) 対象物品等
  • 半たわみ舗装用注入用モルタル『低炭素ニューファンコート』
  • 床用大判タイルボンド材『低炭素ストライビングモルタル』
  • 水熱抑制型無収縮モルタル『低炭素フィルコンTF』
  • ハイブリッドモルタル
  • 低炭素地盤改良工法用硬化材
(4)着目する環境影響
製品製造段階におけるCO2排出量の削減に着目している。

表 着目する環境影響
環境負荷項目
基準の概要
1 資源の消費
2 エネルギーの消費
3 大気・水・土壌への汚染物質の排出○製品製造段階におけるCO2排出量を従来同等機能の当社製品比で6%以上削減している。
○施工時において水と混練した場合、モルタル1LあたりのCO2排出量を従来同等機能の当社製品比で6%以上削減している。
4 廃棄物の排出
5 有害物質の利用
6 生態系の破壊
7 その他の環境負荷
(5)

基準等(「マーク等表示」の場合はマーク等を使用するための基準、「環境負荷データを表示/提供」の場合はデータ表示/提供の様式)の概要

【低炭素セメント関連製品 自主基準抜粋】
1)プレミックス(既調合)モルタル/コンクリート製品、乃至は下記2)に記載の低炭素要素材を活用した製品(以下、製品と呼ぶ)において、製品の製造段階または使用段階におけるCO2排出量が削減施策を施さなかった製品機能が同等の自社従来製品(委託製造品を含む)に対し、6%以上削減されていること。

2)低炭素要素材は、前項のとおり、製品の製造時のCO2排出量を総合的に削減するための中心的素材であり、下記の5群からなる。顧客との合意に基づく設計仕様により決定されたCO2削減率を達成できるよう、この低炭素要素材が製品に対して所定通りに配合されていること。

  1. 天然鉱物系: 火山灰や珪酸白土に代表される天然の(潜在)水硬性鉱物粉末
  2. バイオマス系: 森林間伐材や籾殻等の植物に由来する材料を燃焼させた残渣灰
  3. 軽量鉱物系: 内部に空隙を有する鉱物
  4. 副産物系: 産業副産物乃至は廃棄物の再利用起源であって、CO2排出量を低減させる目的を達成できる量が配合できるもの。
  5. 人工鉱物系:人工的に製造された(潜在)水硬性を持つ物質、乃至は機能上CO2排出量低減に寄与する鉱物で、これを利用する製品の製造段階、あるいは使用段階におけるCO2排出量を低減させる目的を達成できる量が配合できるもの
3)上記のCO2排出量が、ライフサイクルアセスメントの国際標準規格ISO 14040:2006およびISO 14044:2006準拠の計算方法によって推算されていること。

4)製品の製造プロセスにおける環境負荷が、自社従来製品に比べて同等あるいはそれ以下であること。
(6)ISO 14021への準拠状況
ISO 14021の準拠状況について、該当するものの印を■として表示。
■ISO 14021に完全に準拠しています
□ISO 14021に準拠していない事項があります
※チェックリスト[PDF:114KB]



(7)関連情報の掲載ホームページアドレス(最新情報はこちらで入手してください)
マークの詳細(住友大阪セメント株式会社 建材事業部)
  • 上記より左メニューの“低酸素セメントラベル”をクリック
  • 実施要領等:上記リンク先よりタイプII環境ラベルを付与する低炭素セメント関連製品の実施要領(PDF)をダウンロード
  • 基準等:上記より左メニューの“低酸素セメントラベル”をクリック
  • 具体的な基準の詳細:問い合わせ先より自主基準書の説明要請を行って頂ければ、速やかに説明を実施する。
  • データ表示/提供:本環境ラベルを付与する製品は、CO2排出量と削減率をライフサイクルアセスメントの国際標準規格ISO 14040:2006およびISO 14044:2006準拠の計算方法によって推算されているため、問い合わせ窓口より説明要請を行って頂ければ、速やかに説明を実施する。
  • 対象商品のリスト:上記より左メニューの“低酸素セメントラベル”をクリック
  • 検証用情報(環境主張を検証するために必要な情報:問い合わせ窓口に対する電話またはメールによる説明
(8)代表者
氏名:住友大阪セメント株式会社 建材事業部長 今井 俊夫
住所:〒102-0085 東京都千代田区六番町6-28

(9)問い合わせ先
部署名 :建材事業部 新規事業グループ
担当者:小堺 規行(こざかい のりゆき)
住所:〒102-0085 東京都千代田区六番町6-28
電話 :03-5211-4750
FAX:03-3221-5183
電子メールlc@soc-tec.com

▲このページの先頭へ