環境ラベル等データベース環境物品を選ぶための情報ページ   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省 >総合環境政策 >環境ラベル等データベース >情報を見る >事業者による取組 >ライスインキマーク
情報を見る 情報を掲載する 制度全般を知る
事業者による取組
[1]概要
(2013年4月)

ライスインキマーク ライスインキマーク
環境ラベル等の特色 これまでの大豆油インキは北米から大豆油を運ぶため輸送マイレージ(CO2排出量)が大きく、また食物を工業製品化するという懸念がありました。しかしライスインキは国産の米ぬかから精油されるため輸送マイレージも低く地産地消にも合致するすぐれた資材です。「輸送マイレージの削減」「米という本来の食物の確保」「米ぬかの有効利用」、さらにバイオマスの普及という点で期待されています。
ライスインキマーク制度はライスインキを使用した印刷物に表示するマークとしてサンエー印刷が作成し、ライスインキ・コンソーシアムが運営する制度です。
情報の提供手法
マーク等表示環境負荷データ表示/提供


[2]詳細
(1)事業者名
株式会社サンエー印刷/ライスインキ・コンソーシアム

(2)運営開始年
2009年

(3)対象物品等
カタログ等商業印刷物 :約200点にライスインキマーク表示
書籍等出版印刷物 :約100点にライスインキマーク表示

(4)

着目する環境影響
大豆油インキと比較し輸送マイレージの削減、未利用資源の有効利活用に着目している。

表 着目する環境影響
環境負荷項目
基準の概要
1 資源の消費インキ材料への米ぬか油の使用
2 エネルギーの消費国内産米ぬか油を使用することで、輸送エネルギーを削減
3 大気・水・土壌への汚染物質の排出国内産米ぬか油を使用することで、輸送マイレージ(CO2排出)を削減
4 廃棄物の排出未利用資源(米ぬか)の有効活用
5 有害物質の利用
6 生態系の破壊
7 その他の環境負荷廃棄物系・未利用バイオマス(米ぬか)の利活用によるカーボンニュートラル促進

(5)基準等(「マーク等表示」の場合はマーク等を使用するための具体的な基準、「環境負荷データ表示/提供」の場合はデータ表示/提供の具体的な様式)の概要

ライスインキ(米ぬか油を使用した印刷インキ)を使用して製造された印刷物であること。
(6) ISO 14021への準拠状況
ISO 14021の準拠状況について、該当するものの印を■として表示。
□ISO 14021に完全に準拠しています
■ISO 14021に準拠していない事項があります

(7)関連情報の掲載ホームページアドレス(最新情報はこちらで入手してください)
マークの概要(株式会社サンエー印刷/ライスインキ・コンソーシアム)
対象商品のリスト(株式会社サンエー印刷/ライスインキ・コンソーシアム)

(8)代表者
氏名:岡村 俊雄
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-44-15

(9)問い合わせ先
部署名:研究開発部
担当者:吉川 昭二(よしかわ しょうじ)
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-44-15
電話:03-3989-8725
FAX:03-3980-3854
電子メールs-yoshikawa@suna.co.jp
▲このページの先頭へ