環境ラベル等データベース環境物品を選ぶための情報ページ   詳細検索 サイトマップ ご意見等
環境省総合環境政策環境ラベル等データベース >情報を見る >事業者による取組 >エコネットワーク
情報を見る情報を掲載する制度全般を知る
事業者による取組
[1]概要
(2013年4月)

エコネットワークエコネットワーク
環境ラベル等の特色 回収したウールまたはウール混製品をマテリアルリサイクルの方法で選別・反毛(綿の状態まで解きほぐすこと)し、産業用資材として再生利用することで、ゴミの削減、資源の再利用を図るリサイクル活動の一環である。
情報の提供手法
マーク等表示環境負荷データ表示/提供


[2]詳細

(1)事業者名
ニッケ
株式会社ダイドーリミテッド
大東紡織株式会社
 
(2)運営開始年
1998年

(3) 対象物品等
素材:純毛及びウール複合素材(種類・混率問わず)
アイテム:織物外衣及びニット製品

(4)着目する環境影響
繊維製品のリサイクルを推進することにより資源の有効活用・地球環境の保全への寄与に着目している。

表 着目する環境影響
環境負荷項目
基準の概要
1 資源の消費3つのリサイクル手法(リユース・マテリアル・サーマル)の中でもマテリアルリサイクル手法に着目し、回収衣料を反毛・再生利用することで、制服等リユースが困難な衣料についても資源の有効活用を図ることができる。
2 エネルギーの消費
3 大気・水・土壌への汚染物質の排出
4 廃棄物の排出
5 有害物質の利用
6 生態系の破壊
7 その他の環境負荷

(5)基準等(「マーク等表示」の場合はマーク等を使用するための具体的な基準、「環境負荷データ表示/提供」の場合はデータ表示/提供の具体的な様式)の概要

「エコネットワーク」規約第6条により、ウール100%及びウール・他繊維複合素材で出来た織物外衣が当制度の回収対象品とする。

(6)ISO 14021への準拠状況
ISO 14021の準拠状況について、該当するものの印を■として表示。
□ISO 14021に完全に準拠しています
■ISO 14021に準拠していない事項があります

(7)関連情報の掲載ホームページアドレス(最新情報はこちらで入手してください)
ラベル等の概要、実施要領等、マークを使用するための基準(エコネットワーク事務局)
下記詳細については、問い合わせを受けた後データを郵送する。

(8)代表者
氏名:エコネットワーク代表理事 迫間 満
住所:大阪市中央区瓦町3-3-10

(9)問い合わせ先
部署名 :エコネットワーク事務局(日本毛織株式会社衣料繊維事業本部企画開発部)
担当者:部長 丹下 昇(たんげ のぼる)
住所:愛知県一宮市今伊勢町本神戸字河原2
電話 :0586-26-2661
FAX :0586-24-8755
電子メールtange-noboru@nikke.co.jp

▲このページの先頭へ