国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑

桜田門

皇居外苑

桜田門

写真:桜田門

桜田門は寛永13年(1636年)に修築され、大正12年の関東大震災で破損し、その際に鉄網土蔵造りに改修されました。

江戸城の各門の多くは、第一の門と第二の門との中間に桝形(四角形)の広場がある「桝形城門」の形式が採られ、戦略上有利な立体的な門の形となっているところに特徴があります。

この桜田門の桝形は15間×21間あり、現存している城門の中では最も広い規模を有し、「桝形城門」の形態が良保存されているため、昭和36年6月、国の重要文化財に指定されています。

▶한국어

▶中文

ページ先頭へ