検索画面へ
  Go Research

課  題  名

RF-075 国内移入魚による生態系攪乱メカニズム究明とその監視手法の構築[PDF](438KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](126KB)

課題代表者

鬼倉 徳雄(九州大学大学院農学研究院アクアフィールド科学研究室、助教)

研究期間

平成19−20年度

合計予算額

17,555千円(うち20年度 8,455千円)

研究体制

 (1)国内移入魚による在来魚の種の多様性攪乱メカニズム究明、リスクの予測と
      モデル化に関する研究

      (九州大学大学院農学研究院)

 (2)国内移入魚の異環境への適応性に関する研究
      (九州大学大学院工学研究院)

 (3)国内移入魚による遺伝的多様性攪乱メカニズムの究明とモニタリング手法の構築
      に関する研究

      (岐阜大学地域科学部)