検索画面へ
  Go Research

課題名

B-60  京都議定書吸収源としての森林機能評価に関する研究[PDF](569KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](113KB)

課題代表者名

天野 正博 (早稲田大学人間科学学術院)

研究期間

平成14−18年度

合計予算額

409,898千円 (うち18年度  77,358千円)

研究体制

(1)森林の炭素吸収量計測システム・評価モデルの開発(早稲田大学)

  .螢癲璽肇札鵐轡鵐阿魍萢僂靴織丱ぅマス計測手法の開発

   a レーザープロファイラー(LiDAR)によるバイオマス成長量の直接計測

 (愛媛大学、国際航業(株))

   b LiDARによる森林簿精度の向上に関する研究(独立行政法人森林総合研究所)

   c 森林バイオマスの変動が気候変動に与える影響メカニズムに関する研究

 (国土交通省気象研究所)

  ⊃肯咼丱ぅマスの炭素吸収量評価モデルの開発(独立行政法人森林総合研究所)

  森林土壌の炭素吸収量評価モデルの開発(独立行政法人森林総合研究所)

  ぬ攤猴用部門における炭素貯蔵量評価モデルの開発

   a 木材の炭素貯蔵能力の評価(独立行政法人森林総合研究所)

   b 建築解体材のエネルギー利用(愛媛大学)

   c 木材利用による省エネルギー効果に関する研究(宮崎県木材利用技術センター、東京大学)

  ィ達庁佑砲茲訖肯咾涼坐乃杣量評価手法の開発

   a CDM植林事業による炭素固定能力の評価とベースラインに関する研究(早稲田大学)

   b CDM植林事業によるリーケージ評価に関する研究(独立行政法人森林総合研究所)

  国レベル森林吸収量評価モデルの開発

   a 国レベル森林の炭素吸収量モデルの開発(早稲田大学、独立行政法人森林総合研究所)

   b モデルに適用するパラメータの推定に関する研究(東京大学)

(2)生態学的アプローチによる吸収量評価モデルの開発と不確実性解析

 (独立行政法人国立環境研究所)

  \限岾愿吸収量評価モデルの開発(独立行政法人国立環境研究所)

  ∪限岾愿吸収量評価モデルの不確実性解析(独立行政法人国立環境研究所)