環境省> 地球環境・国際環境協力> 地球温暖化対策> 小水力発電情報サイト

小水力発電情報サイト


小水力発電とは 小水力発電のしくみ・意義 小水力発電の現状・導入事例 環境省の取組 導入ポテンシャル及び導入見込 地球温暖化対策としての位置づけ

■小水力発電とは・・・?

「小水力発電」について厳密な定義はありませんが、出力10,000kW〜30,000kW以下を「中小水力発電」と呼ぶことが多く、また「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ法)」の対象のように出力1,000kW以下の比較的小規模な発電設備を総称して「小水力発電」と呼ぶこともあります。一般的には、下表に示すような出力区分があり、1kW未満のきわめて小規模な発電を、「ピコ水力」として細分化することもあります。
区分 発電出力(kW)
大水力 large hydropower 100,000 以上
中水力 medium hydropower 10,000 〜 100,000
小水力 small hydropower 1,000 〜 10,000
ミニ水力 mini hydropower 100 〜 1,000
マイクロ水力 micro hydropower 100以下
出典:マイクロ水力発電導入ガイドブック(2003年、新エネルギー・産業技術総合開発機構
ピコ水力発電機 ピコ水力発電機

●問い合わせ先:
環境省地球環境局地球温暖化対策課
〒100-8975  千代田区霞が関1-2-2   Tel:03-3581-3351(内線6780) / FAX:03-3580-1382
当ホームページは、Internet Explorer 6 SP2、Firefox 1.5、Acrobat Reader 5.0以上でご覧いただくことをおすすめします。
著作権・リンクについて