全国15地域でエコチル調査を行っています

全国15のユニットセンターと約400の医療機関がエコチル調査を実施しています。
各ユニットセンターでは、産科医、小児科医、環境保険専門医、助産師、保健師、看護師、臨床心理士などたくさんのスタッフがエコチル調査参加者をサポートしています。

地図上のセンター名をクリックすると各ユニットセンターのスタッフ紹介がご覧いただけます。

全国スタッフ紹介MAP

 

北海道ユニットセンター

札幌地区サブユニットセンター / 旭川地区サブユニットセンター / 北見地区サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

今後は講演会やイベントなどを企画していく予定です!

スタッフ紹介コメント

事務局ではエコチル調査に関わる様々な業務を行っていますが、リサーチコーディネーターは参加者の方と直接接する一番身近なスタッフです。リクルート開始前の準備期間から調査に関わっているスタッフもおり、子育て同様赤ちゃんから徐々に成長する調査の過程を親のような気持ちで見守っています。

保健センターや協力医療機関内でのエコチル調査への参加呼びかけはもちろん、調査のための採血や採尿が協力医療機関でスムーズに行われるように準備をしたり、調査の進行管理のサポートを行っています。一人でも多くの方に参加していただけるよう、ミーティングなどで得た最新情報などをわかりやすく説明に織り交ぜたり、出産経験者は自分が妊娠した時の経験や子育ての楽しさなどをお話ししたり、コミュニケーションを図るようにしています!

公式HP

 

北海道ユニットセンター

宮城ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • ムックとガチャピンによる表敬訪問
  • 参加者向け『エコチルだより』の発行(定期)

今後は食育や健康まつりに参画していく予定です!

スタッフ紹介コメント

宮城ユニットセンターの調査地域は、県北は気仙沼市から、県南は山元町まで14市町に及びます。調査地域が広いため、インフォームドコンセントなどを担当するリサーチコーディネーターは35名にもなります。各地域ごとにサブセンターを設置し、各地の医療機関と密接に連携しながら、またそれぞれの地域柄を生かしながら、調査に取り組んでいます。

また、場合によっては出産で仙台市の高度医療機関に搬送されることもありますので、その時は仙台市で待機しているリサーチコーディネーターがフォローアップを引き継ぐ体制となっています。

公式HP

宮城ユニットセンター

福島ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『エコチルふれあい会』を開催
  • 参加者、協力医療機関向け『エコチル新聞』の発行(年2回)

今後は子育てしながら共にリフレッシュできるイベントを企画していきます!

スタッフ紹介コメント

福島ユニットセンターは、平成24年10月より全県調査となり、全スタッフ数は約70名です。

エコチル調査の目的を初めて聞いた時、すごい調査研究だと思いました。エコチル調査は、生活環境の中にある様々な物質や生活習慣などを調べ、子ども達の成長発達や病気への影響を10万人規模で調査すると知ったからです。
私自身3人の子育て中で、長男は2歳のころから花粉症を発症し、かわいそうでした。しかし、花粉症以上に大変な病気や障害を抱えている子どもも少なくありません。
この調査は、子ども達とその家族が安心して健やかに暮らせる環境となることをめざしています。長期間の調査となりますが、皆様のご協力を得て、この調査を完遂したいと思いますのでよろしくお願いします!

(本部事務所RC 斎藤貴子)

公式HP

福島ユニットセンター

千葉ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『参加者限定イベント』の開催(年12回)
  • 『ニュースレター』の配信(年2回)
  • ブログ

スタッフ紹介コメント

森センター長を中心に、あたたかな人間味あふれるスタッフたちが、時にくだけた冗談で笑い合い、時に熱く議論やアイデアを交わし合いながら仕事をしています。
「若いママたちに協力を呼びかけるには、まずスタッフ自身が、エコチル調査の意義を実感していることが肝心」ということで、隔月で研修を実施。アレルギーや子どもの体調のこと、PM2.5やシックハウスのこと等々、子どもの健康に環境がいかに大きな影響を及ぼすかを知るほどに、各自のモチベーションもアップ! 
自分の仕事にプライドを感じながら頑張っている仲間たちです。

公式HP

千葉ユニットセンター

神奈川ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『エコチル通信』の発行(隔月)
  • HPに『写真アルバム』を設置
  • 『エコチル育児相談』の実施(電話・メール・対面)

スタッフ紹介コメント

神奈川ユニットセンターは、横浜市立大学医学部小児科と産婦人科が協力して運営しています。
リクルートは産科の医師やスタッフとエコチル調査員が協力して実施しています。エコチル調査員は、こちらで紹介しています。
今後は小児科が中心になって、エコチル参加者の不安などに答えていきたいと思っています。
皆様からお預かりした質問票などは、入力スタッフが心をこめて入力しています。入力風景もぜひご覧ください!

公式HP

神奈川ユニットセンター

甲信ユニットセンター

甲信ユニットセンター / 甲信サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

 2014年度は機関誌の発行や学びの場づくりを計画中です!

スタッフ紹介コメント

山梨県の真ん中、中央市の山梨大学医学部キャンパス内に設置されている「甲信ユニットセンター・エコチルやまなし」は、山縣然太朗センター長、鈴木孝太副センター長をはじめ、特任教員5名・リサーチコーディネーター(RC)16名・事務補佐員7名の計30名でエコチル調査に取り組んでいます。
RCは全員が助産師・保健師・看護師のいずれかの資格を持っており、参加者リクルートから、生体試料の採取、調査の進行管理、電子カルテからの情報収集など、知識と経験を生かして毎日フル回転しています。
私たちの自慢は「チームワーク」。妊娠中のママさんたちに寄り添い、時には不安な気持ちを受け止め、出産の喜びを分かち合いながら、エコチル調査に参加していただいた皆様との絆を深めています!

公式HP

甲信ユニットセンター

甲信サブユニットセンター

甲信ユニットセンター / 甲信サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『キッズヨガ教室・親子体操』を開催(定期)
  • 『エコチルフェスティバル』を開催(年1回)
  • 『エコチル信州応援団(FM長野)』ラジオ番組の放送
  • エコチル信州公式ブログ

スタッフ紹介コメント

私たちは雄大な自然に囲まれた信州地域で東に南アルプス、西に中央南アルプスのふたつのアルプスを望む風光明媚な上伊那地域をメインに活動しています。
メンバーはそれぞれ看護師や助産師の資格を持ち専門知識とともに信州の自然で育まれた大きな心と優しさで懇切丁寧に皆様に接しています。
エコチル調査が未来のこどもたちへ健やかな地球環境をもたらす素晴らしいプレゼントとなるよう、協力してくださる皆様とともにしっかり歩んでいきたいと思います!

公式HP

甲信ユニットセンター

富山ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『ママ&キッズの集い』を開催(年4回)
  • 『離乳食についてのセミナー』を開催(年4回)
  • 『エコチルとやま新聞』を発行(年2回)
  • 公式Facebookアカウント名
    エコチルとやまユニットセンター

スタッフ紹介コメント

富山ユニットセンターには協力医療機関が11ヵ所あり、それぞれの医療機関に複数の専任RCを配置し、リクルート活動を行っています。
ユニットセンター事務局では、事務担当者・データ入力スタッフ・大学病院担当RCがチームとなり活動しています!

公式HP

富山ユニットセンター

愛知ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

私たちは繋がりを重視した笑顔あふれるユニットセンターです。
医療機関では調査への理解を深めていただき、できるだけ不安なくエコチル調査に参加していただけるように丁寧な説明と笑顔あふれる対応を心がけてお声掛けしています。
私たちも参加者の皆様が出産後、医療機関に寄られた際に声をかけていただく事で活力を頂いています!また、新しい命の誕生や参加者の皆様の笑顔に触れる事で幸せや感動を分けていただきながら、誇りや責任を持って日々の業務を行っております。
エコチル事務局内では次世代の子供たちに安心で安全な環境をプレゼントする為に、参加者の皆様にご記入いただいた情報をひとつひとつ大切に、丁寧で質の高い入力作業を日々行えるよう努力しています。

公式HP

愛知ユニットセンター

京都ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『エコチル育児健康相談』を実施
  • 『エコチルカフェ』を実施
  • 『子育て座談会』を実施
  • 『えこちるどすえ かわら版』を刊行
  • 『きづがわだより』を刊行
  • HPに投稿コーナー『それいけ!!エコチルキッズ』を設置
  • ブログ エコチル日誌

スタッフ紹介コメント

京都ユニットセンターは京都、木津川、長浜の3地区で活動を行っています。
スタッフは、小西郁生センター長(京都大学産科婦人科教授)、小西行郎サブユニットセンター長(同志社大学赤ちゃん学研究センター教授)をはじめとして、特定教員3名、京都大学医学研究科健康情報学の教員・研究員2名、学研都市病院の小児科医1名、リサーチ・コーディネーター20名(京都8名、木津川7名、長浜5名)、事務補佐員7名などから構成されています。また、京都大学医学研究科教授数名からなる運営委員会のサポートも受けています。

公式HP

京都ユニットセンター

大阪ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク「たこチル」 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • HPに子育て応援コラムを更新(月2回)

これからもみなさんに役立つ情報やイベント開催のお知らせ等を提供していきます!

スタッフ紹介コメント

大阪ユニットセンターは大阪大学と大阪府立母子保健総合医療センターが共同で調査を行っています。
リサーチコーディネーター(RC)に看護職などの専門職が多く、協力医療機関で妊婦さんと出会っているのが特徴で、参加者の妊娠経過を見守りご出産の喜びを共に分かち合っています。
今回は、私たちのボスの磯博康センター長を紹介します。大阪大学の公衆衛生学の教授で、クールに見えますが、意外に熱血漢で、RCの新年会や暑気払いなどには必ず出席して、ユニットの要となっています。HPの動画コーナーにも出ていますので、ぜひご覧ください!

公式HP

大阪ユニットセンター

兵庫ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 参加者向け『エコチルひょうご』を発行
  • 『イベント』を開催(定期)

今後は、お父さんやお子さんも含め皆さんに楽しんで頂けるようなイベントを開催していきます!

スタッフ紹介コメント

兵庫ユニットセンターでは全てのスタッフが、『明るく、楽しく、対応は素早くていねいに』をモットーにしております。参加者様からご指摘頂く点も多々ありますが、日々改善を目指し、精進しております。
リクルートを行なう際には、このエコチル調査の内容や目的、メリットなどをできるだけわかりやすくお伝えすること、また参加者様にご負担をかけず、不安なことや疑問点があれば取り除き、安心して参加して頂けるよう説明することを心がけております。
エコチル調査に参加して下さっている方が、次の妊娠時にも2回目(3回目の方もおられます)の参加を快く承諾下さると、リクルートコーディネーターとして非常に励みになります。

公式HP

兵庫ユニットセンター

鳥取ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『エコチルマガジン』を配布
  • ブログ

今後は交流イベントの開催やニュースレターを発行していく予定です!

スタッフ紹介コメント

米子市の鳥取大学医学部内に置かれた鳥取ユニットセンターでは、現在リサーチコーディネーター9名と、データ入力スタッフ・事務スタッフ各4名が、エコチルの参加者リクルートやデータ収集の業務に携わっています。
子育て真っ最中のスタッフも多く、育児をがんばるお母さん方と、すくすく大きくなる子ども達にエールを送る思いで日々の仕事に取り組んでいます!
全国の拠点の中では規模の小さなユニットセンターですが、これからも調査に参加していただいたファミリーと共に、地域のエコチルベビーの成長を見守っていきます。

公式HP

鳥取ユニットセンター

高知ユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

今後も家族で楽しめるイベントを開催していきます!

スタッフ紹介コメント

高知ユニットセンターは高知大学医学部内にあり、南国土佐のあたたかい気候に恵まれた土地で調査を行っています。
菅沼ユニットセンター長以下、南事務局長、16名のリサーチコーディネーターや事務局でのフォローアップスタッフ、データ入力スタッフ等一丸となり地球の未来の子どもたちのために、日々調査を支えています。この土地ならではの、はちきん※1女性たち が集結しています。    
調査開始時、私たちの希望として誕生した高知ユニットセンターキャラクター「ちょるるん」。いつもニコニコ、つらい時もうれしい時もずっと私たちのそばにいます。
お子さんが13歳になるまで、調査はまだまだ続きます。今後とも皆様のご協力・ご理解をよろしくお願いします!
※1 土佐弁で「男勝りの女性」

公式HP

高知ユニットセンター

福岡ユニットセンター

産業医科大学サブユニットセンター / 九州大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション

スタッフ紹介コメント

産業医科大学サブユニットセンターは、調査地域である福岡県北九州市八幡西区、産業医科大学内にあります。
スタッフはリサーチコーディネーターと事務スタッフが20名、教員は8名です。
協力医療機関へは「エコチルカー1号・2号・3号」(愛称)と公共交通機関で向かい、毎日、必ず1度は事務局へ帰って来ます。なので、みんなとても仲良しです!事務局内には、エコチル調査の追加調査をしているアメリカ人研究員のDavidもいて、ユニットセンターのムードメーカー的存在になっています。そんな笑顔の絶えない明るい職場です。

公式HP

産業医科大学サブユニットセンター

福岡ユニットセンター

産業医科大学サブユニットセンター / 九州大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク 私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『すくすくえこちるっこ!ふくおか』を発行(年4回)
  • 『エコチルラッピングバス』を運行(2014年3月末まで)

スタッフ紹介コメント

エコチル調査へご参加いただいている皆さま、ご協力ありがとうございます!
九州大学サブユニットセンターは、産婦人科医・小児科医・助産師・看護師・臨床心理士・事務員総勢25名のスタッフで運営しています。
2011年に登録が始まったエコチル調査(本調査)と本調査に先行する小規模調査(パイロット調査)を実施しています。パイロット調査参加者の皆さまからお寄せいただいた貴重なご意見(質問票の内容に答えにくい箇所がある、など)をもとに、より参加しやすい調査となるようスタッフそれぞれの立場から努力していきますので、お子さまが13歳になるまで長期にわたる調査ですがどうぞ継続したご協力をお願いいたします!

公式HP

九州大学サブユニットセンター

南九州・沖縄ユニットセンター

熊本大学サブユニットセンター / 宮崎大学サブユニットセンター / 琉球大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマークマスコットキャラクター
私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『エコチルだよりin Kumamoto』を発行(年2〜3回)

今後はエコチルママを支援できるようなイベントを開催予定です!

スタッフ紹介コメント

熊本大学サブユニットセンターは、南九州・沖縄ユニットセンター長の加藤貴彦先生を中心に産科婦人科学の大場先生・新生児学分野の三渕先生と小児科学分野の中村先生に支援をいただきながら、特任助教1名・研究員1名・事務スタッフ7名・入力スタッフ6名・リサーチコーディネーター8名の総勢23名で調査を進めています。それぞれの担当の分野に誇りを持ち、未来の子ども達にいい成果を還元できるよう、日々悪戦苦闘しながら頑張っています。

当サブユニットセンターの良い所は、スタッフみんながとても仲良しなところです!子育て中の主婦が多いため、突然の子どもの発熱等でお休みをするケースもありますが、子育てを行いながら働きやすい環境の整備を心がけています。

公式HP

南九州・沖縄ユニットセンター

南九州・沖縄ユニットセンター

熊本大学サブユニットセンター / 宮崎大学サブユニットセンター / 琉球大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク
私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『市民公開講座』を開催(年1回)
  • 『のべおか版エコチル便り』を発行(定期)

これからもみなさんに楽しんでいただけるイベントを実施していきます!

スタッフ紹介コメント

調査地の延岡と宮崎に事務局があり、幅広〜い年齢層の女性スタッフで構成されています。妊娠・出産にかかわるお仕事ですので、女性特有のこまやかな気配りと宮崎ならではのあたたかさ・優しさをもって参加者に接することをモットーに、業務をおこなっています。
赤ちゃんを抱くママ・パパを見ては、子どもを授かることのすばらしさに感動し、このような場面に携われることをとても光栄に思います。皆様が幸せな未来を築けるよう少しでもお手伝いができればと思っています。今後ともご協力をよろしくお願いいたします!

公式HP

南九州・沖縄ユニットセンター

南九州・沖縄ユニットセンター

熊本大学サブユニットセンター / 宮崎大学サブユニットセンター / 琉球大学サブユニットセンター

マスコット・ロゴマーク
私たちがサポートしています!私たちがサポートしています! エコチルママへのサポートアクション
  • 『市民公開講座』を開催
  • 『ベビーマッサージイベント』を開催

スタッフ紹介コメント

2011年2月からエコチル調査に携わって3年になろうとしています。奥平産婦人科のスタッフは、この大きなプロジェクトの一端を担っているという誇りと責任を持って参加者に接しています。
最初の臍帯血採取には、先生はじめスタッフ一同緊張しましたが思ったよりスムーズに採血でき、みんなで喜んだ事を覚えています。また、この調査を通じて参加する患者さんともコミュニケーションが深まっている気がします。子どものために通帳を作って謝礼を20年間預けておくつもりだという方、また、夫婦で調査に参加した事で、お互いの健康により気をつけるようになったという方等、いろいろなお話を伺い私たちも嬉しくなります。
今後とも、関係機関と連携を深めながら、参加した方々に喜んでいただけるよう、最後まで頑張ろうと思います!

(奥平産婦人科 看護師 平良桂子)

公式HP

琉球大学サブユニットセンター

pagetop