ウォータープロジェクトロゴ グッドプラクティス塾とは?

 「水に関して、何にどれくらい取り組むべきかを考え、その実態についていかに伝え、各ステークホルダーといかにコミュニケーションを深めるかを考え、もって『水で選ばれる』の実現を目指す」を目的に、民間企業等が「水」に関する互いのグッドプラクティスを共有し、それぞれの取組をブラッシュアップする場として、平成31年4月に「グッドプラクティス塾」が始動しました。

日時 主な内容
第1回
  • 平成31年4月26日
  • 16:00~18:00
  • ・塾の趣旨説明
  • ・各社の水に関する課題共有
  • ・塾の活動内容、進め方に関するディスカッション
第2回
  • 令和元年6月26日
  • 10:00~12:00
  • ・八千代エンジニヤリング(株)からの事例発表と意見交換
  • ・塾の具体的な取組目標、内容に関するディスカッション
第3回
  • 令和元年8月7日
  • 15:30~17:30
  • ・花王(株)、(株)トーケミからの事例発表と意見交換
第4回
  • 令和元年11月5日
  • 15:30~17:30
  • ・日本下水道事業団、(株)東京設計事務所からの事例発表と意見交換
第5回
  • 令和2年2月3日
  • 16:00~17:30
  • ・ライオン(株)、八千代エンジニヤリング(株)からの事例発表
  • ・環境省からの情報提供
第6回
  • 令和3年1月29日
  • 10:30~11:30
  • ・環境省からの情報提供
  • ・八千代エンジニヤリング(株)、CDPからの事例発表

・発起人:環境省、一般社団法人Water-n