ホーム > ネットde研究成果報告会 > 2A-1102 「いぶき」観測データ解析により得られた温室効果ガス濃度の高精度化に関する研究

課題成果報告

2A-1102 「いぶき」観測データ解析により得られた温室効果ガス濃度の高精度化に関する研究
研究代表者
所属名・氏名
森野 勇
( (独)国立環境研究所  )
実施期間(年度) H23 〜 H25
3年以上の長期間検証データを用いた季節変動成分や経年変動等の大気化学的視点を考慮した検証を実施する。
また、重点サイトにおける地上温室効果ガス高精度観測と同期して巻雲・エアロゾル光学特性の観測体制の構築、データ取得、解析を行う。

成果報告スライド

資料ダウンロード

報告スライド
2A-1102  成果報告スライド PDF ( 8,797 KB)

研究成果関連資料

事後評価結果
2A-1102  事後評価結果 PDF ( 580 KB)
終了成果報告書
2A-1102  終了成果報告書 PDF ( 13,425 KB)

←ネットde研究成果報告会 一覧ページへ  ↑ページトップへ