環境省 > 総合環境政策 > 環境技術実証事業 > 実証とは?
環境技術実証事業ホームへ戻る
環境技術実証事業ご案内パンフレット” width=
申請の手引き
実証済み技術導入事例
対象技術分野現在実施中の分野 再生可能エネルギー 中小水力発電 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術) 自然地域トイレ し尿処理技術分野 有機性排水処理技術分野 閉鎖性海域における水環境改善技術分野 湖沼等水質浄化技術分野 ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術) ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム) 現在実施中の分野一覧 過去に実証した技術分野・休止中の分野一覧
報道発表
イベント告知・報告
お問い合わせ
ENGLISH
実証とは?
環境技術の開発者でも利用者でもない第三者機関が、環境技術の環境保全効果、副次的な環境影響、 その他を試験等に基づき客観的なデータとして示すこと。 実証と認証の違い

環境技術を実証する仕組みの必要性

既に実用化され、有用と思われる先進的な環境技術でも・・・

客観的な評価・検証が十分でない場合がある(環境保全効果、維持・管理費用・労力等) 法制度等の整備が十分でない
次

第4次環境基本計画(平成24年4月) 環境技術普及のための取組の推進

(第1章 第1節 経済・社会のグリーン化とグリーン・イノベーションの推進)
「・・・技術評価を導入するなど、技術のシーズをひろい上げ、個別の技術の普及を支援するような取組を実施していく。・・・」
次

環境技術実証事業(Environmental Technology Verification)の実施

信頼できる第三者機関(実証機関)が、環境技術(Environmental Technology)を
実際の現場等で実証(Verification)し、その結果を広く公表することで、環境技術の普及を支援