吉野熊野国立公園

吉野熊野国立公園

国立公園名

吉野熊野国立公園

特徴

世界遺産にも登録される「吉野・大峯」や「熊野三山」の文化的景観、大台ヶ原の原生的な自然林、険しさとなだらかさを併せ持つ熊野灘の海岸線、世界最北のサンゴ群集が発達する串本の海域など、それぞれが学術的にも価値の高い紀伊半島の多様な景観要素とふれあうことができます。

活動スケジュール

自然とふれあおう!
日置川流域の歴史探訪と防災学習
開催日時 令和3年2月15日(月)
※悪天の場合は、2月17日(水)に延期
参加募集期間 なし
参加条件(定員・対象・参加費) 定員:18名
対象:白浜町立安居小学校全児童
白浜町立三舞中学校全生徒
参加費:無料
主な内容 吉野熊野国立公園の海域へとつながる日置川は、その独自性により様々な恩恵を地域にもたらしてきた一方、幾度となく水害が発生しているところでもある。安居の暗渠や水位碑及び世界遺産の「安居の渡し~仏坂」トレッキングを通して自然と歴史を学ぶとともに防災についても考える。
申し込み・問合せ先 団体名:一般社団法人 南紀州交流公社
URL:http://www.minamikishu.com/
電話/FAX:0739-53-0055
0739-34-5010
熊野古道大辺路・富田坂トレッキングと防災学習
開催日時 令和3年2月8日(月)
※悪天の場合は、2月12日(金)に延期
参加募集期間 なし
参加条件(定員・対象・参加費) 定員:18名
対象:白浜町立安居小学校全児童
白浜町立三舞中学校全生徒
参加費:無料
主な内容 吉野熊野国立公園の美しい海岸景観を眺望できる熊野古道大辺路・富田坂ルートを歩き、自然と歴史を学ぶ。さらに当該地周辺は、近い将来南海トラフ地震等が発生するリスクが高い地域であることから、津波避難タワーや津波救命艇を見学し、防災についても学ぶ。
申し込み・問合せ先 団体名:一般社団法人 南紀州交流公社
URL:http://www.minamikishu.com/
電話/FAX:0739-53-0055
0739-34-5010

活動レポート

自然とふれあおう!

日置川流域の歴史探訪と防災学習

実施期間 令和3年2月17日(水) 13:15~16:30
参加者数 20名
活動概要 吉野熊野国立公園の海域へとつながる日置川周辺において、過去の水害の水位碑の見学や話を聞いて防災について考えるとともに、世界遺産・熊野古道の「安居の渡し~仏坂」トレッキングを通して自然と歴史を学びました。
過去の水害時の水位を示す碑を見学し、ガイドさんから水害のお話を聞きました。、防災について学びました。
過去の水害時の水位を示す碑を見学し、ガイドさんから水害のお話を聞きました。
日置川を舟で渡る「安居の渡し」で、熊野古道・仏坂の入口へ向かいました。、ガイドさんから水害のお話を聞きました。、防災について学びました。
日置川を舟で渡る「安居の渡し」で、熊野古道・仏坂の入口へ向かいました。
仏坂入口でガイドさんのお話を聞いてから、いざトレッキングスタート。
仏坂入口でガイドさんのお話を聞いてから、いざトレッキングスタート。
上りが急なため、杖をもって登りました。
上りが急なため、杖をもって登りました。

熊野古道大辺路・富田坂トレッキングと防災学習

実施期間 令和3年2月8日(月)
13:15~16:30
参加者数 17名
活動概要 吉野熊野国立公園の海岸沿いから熊野古道大辺路・富田坂などを歩きながら、自然と歴史を学びました。また、当該地周辺は、近い将来南海トラフ地震等が発生するリスクが高い地域であることから、津波避難タワーや津波救命艇を見学し、防災についても学びました。
津波避難タワーと津波救命艇を見学し、防災について学びました。
津波避難タワーと津波救命艇を見学し、防災について学びました。
ガイドさん案内のもと、世界遺産の熊野古道・富田坂を歩きました。
ガイドさん案内のもと、世界遺産の熊野古道・富田坂を歩きました。
要害山の展望地まで全員無事に到達。眼下には富田平野が広がっていました。
要害山の展望地まで全員無事に到達。眼下には富田平野が広がっていました。

よしくまアドベンチャーin天神崎でシュノーケル

実施期間 令和元年8月26日(月)
9:00~12:30
参加者数 14名
活動概要 和歌山県田辺市天神崎の豊かな自然とその恵みに目を向けてもらい、子どもたち自身が未来の海の環境を守るために何ができるかを考えるきっかけとなることを目的としてシュノーケル体験を実施しました。
泳ぎながら海中の生きものを観察しました。
①泳ぎながら海中の生きものを観察しました。
ナマコの観察
ナマコの観察
③海中で見た生きものの名前や特徴などを調べてまとめました。
③海中で見た生きものの名前や特徴などを調べてまとめました。

よしくまアドベンチャーin志原ジオの宝探し

実施期間 平成30年12月1日(土)10:00~15:00
参加者数 15名
活動概要 白浜町にある志原千畳敷及び志原海岸にて、自然の宝探しゲームなどを交えながら大地の成り立ちとそこに暮らす生きものを楽しく観察しました。
①木の実の観察
②磯を歩いて移動し海食洞まで行きました
③集合写真

よしくまアドベンチャーin神島へシーカヤックで渡ろう!

実施期間 平成30年10月21日(日)
参加者数 10組20名
活動概要 南方熊楠が保全運動を展開したことでも知られている神島へシーカヤックで渡り、島内を観察しながら植生や漂着ゴミ等について学習することで、地域の子どもたちに海上からの景観、自然に対する興味を培う機会を提供し、あらためて地域の自然に目を向けるきっかけを作ることを目的として開催しました。
①神島めざして出発!
②神島の生き物について学びました。
③皆で漂着ゴミを清掃しました。
④集合写真

「よしくまアドベンチャーinウミガメ調査隊になろう!」

実施期間 平成30年7月7日(土)7月13日(金)、7月16日(月・祝)の3日間
参加者数 12名
活動概要 吉野熊野国立公園に位置する千里の浜は、海上はるかに白浜をのぞむことができる景勝地です。アカウミガメが産卵のために上陸する浜として非常に重要な場所となっています。 今回、地域の子どもたちに、アカウミガメの産卵観察や調査体験を通して、自然に対する興味を持ってもらう機会を提供するとともに、そこに関わるウミガメ研究班を知ってもらい、改めて地域の自然に目を向けるきっかけを作ることを目的として開催しました。貴重なウミガメの産卵を観察でき子ども達は熱心に学習しました。
ウミガメのお母さんのように穴を掘ってみよう!
砂浜の温度の違いを聞いているよ
ウミガメ研究班会長から修了証の授与
さあ!君も今日からウミガメ調査員だよ。これからも頑張ろうね!

「よしくまアドベンチャーin江須崎のふしぎ」

実施期間 平成30年7月1日(日)9:30~16:00
参加者数 17名
活動概要 江須崎にて磯の生物を観察し、午後からはおもしろ実験や調べ学習をしました。
何がいるかな?みんなで探してみよう!
なにか捕まえたよ!
みんなで協力して魚を追い込もう
たくさんみつけた生き物について教えてもらっているよ

よしくまアドベンチャー in 世界遺産の熊野古道大辺路
「長井坂」を歩こう

実施期間 平成30年1月27日(土)
10:00~16:00(受付開始9:30)
参加者数 17名
活動概要 長井坂は、世界文化遺産熊野参詣道大辺路の一部です。このイベントは地域の子どもたちに、長井坂で見られる生き物を観察しながら歩くことを通して、自然・歴史文化に対する興味を培う機会を提供するとともに、改めて地域の自然に目を向けるきっかけを作ることを目的として開催しました。
木の感触を皆で観察しています
熊野古道沿いの史跡や植物の説明を講師に聞きながらスタンプラリーをしました
和深川王子神社では夏になるとホタルを見ることができ、秋にはアサギマダラという旅する蝶が飛来する事を教えてもらいました
長井坂にいるリスや鳥について説明中

よしくまアドベンチャーin神島でおそうじカヤック

実施期間 平成29年12月3日(日)
9:30~16:00
参加者数 7組14名の親子
活動概要 田辺市の神島へシーカヤックで渡り、島の自然や文化について学びながら地域の豊かな自然に目を向けてもらい漂着ゴミを回収して海域の抱える環境の課題に触れ、考えるきっかけとすることを目的として開催しました。
シーカヤックの説明を聞いて出発です
波が穏やかで水面で休憩中の鳥達を観察しながら進みます
神島に到着。島にある鳥居が見えています
漂着ゴミの清掃を全員で行いました

よしくまアドベンチャーin対の浦でジオのアート

実施期間 平成29年11月19日(日)
9:00~15:30
参加者数 17名
活動概要 白浜町対の浦海岸にて磯観察や、ネイチャーゲームをしながら、自然をより身近に感じ大地の成り立ちについて楽しく学びました。
白浜町対の浦
浜まで植物を観察しながら移動します
フィールドビンゴ中に岩の中に不思議な形の石をみつけ先生に教えてもらいました
修了証を持って記念写真

よしくまアドベンチャーin鹿島でシュノーケル

実施期間 平成29年8月26日(土)
10:00~16:00まで
参加者数 21名
活動概要 みなべ町の鹿島へ船で渡りシュノーケリングで海中の生物調査を行いました!サンゴや、ソラスズメダイ、ウニ、メジナの群れなどを楽しく観察しました。
船で鹿島へ出発!
さあ海中を見てみよう
レンジャーから修了証の授与
皆、頑張って調査してくれました。お疲れさま!

これまでの活動レポートはこちら

ページトップへ