国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

2018年06月07日北の丸公園の紫陽花

皇居外苑北の丸公園ブログ / 皇居外苑ブログ

昨日6月6日、気象庁により関東地方の梅雨入りが発表されました。一夜明けた今日、園内では昨日の雨を受けた紫陽花(アジサイ)がきらきらと梅雨の合間の晴天を彩っています。

<雨粒を纏ったガクアジサイ>

園内で多く見られる青色の紫陽花(アジサイ)。紫陽花は土壌の酸性度により花の色が変わります。「青色なら酸性、アルカリ性なら赤」と言われています。そのため雨量が多く酸性土壌の日本では青色が多く、石灰質を多く含むアルカリ性土壌のヨーロッパでは赤色が多いそうです。

こちらは5月終わりに北の丸公園で撮影した紫陽花。上記と比べて色が違うのが分かると思います。紫陽花の花は開花から日を経るに従い少しずつ色が変化します。これは紫陽花の中の色素の反応が花色に現れるためで、咲き始めの頃はこのように薄い黄緑色をしています。

<樹林地の紫陽花>

園内では随所で紫陽花を見ることができます。

公園などの屋外に出掛ける際は、虫除けをしっかりしてお出掛けください。

北の丸公園の最寄り駅のご案内

 運行状況や利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2018年05月21日ヤマボウシ(山法師)の花が見頃です

皇居外苑

北の丸公園で、ヤマボウシ(山法師)の花が見頃を迎えています。

ヤマボウシはミズキ科の落葉高木で、街路樹などでよく見かけるハナミズキとは非常に近縁の植物です。両者の違いは原産国です。ヤマボウシは原産国が日本であるのに対してハナミズキはアメリカからの外来種です。見た目もとてもよく似ていますが、総苞片をみるとはっきりとした違いがあります。ヤマボウシの先端が尖っているのに対して、ハナミズキは丸みがあります。総苞片とは4枚ある花びらのように見える部分を指します。その中央にある丸い部分が本当の花です。

<青空に映えるヤマボウシ(山法師)>

<樹林園地のヤマボウシ(山法師)>

公園中央部に位置する樹林地にはたくさんのヤマボウシが植えられています。テーブルとベンチが設けてあるので、新緑の中ゆっくりとご休憩いただくことができます。

※樹林地内や園路と樹林地の境には、元々の地形や木の根などで段差が出来ています。特に雨天時には足元が滑りやすくなっている場合がありますので、ご利用の際はご注意ください。

北の丸公園の最寄り駅

運行状況や利用案内は、最寄りの各駅(九段下駅都営地下鉄新宿線東京メトロ東西線・半蔵門線)、竹橋駅東京メトロ東西線)、神保町駅都営地下鉄三田線都営地下鉄新宿線)、東京メトロ半蔵門線)順不同)へお問い合わせください。

北の丸公園近隣の文化施設等のご案内

近隣の文化施設等の開館・開園状況等については、各文化施設等(国立公文書館科学技術館、日本武道館、千代田図書館千鳥ヶ淵緑道千鳥ケ淵戦没者墓苑しょうけい館(戦傷病者史料館)昭和館東京国立近代美術館及び工芸館皇居東御苑三の丸尚蔵館千鳥ヶ淵ボート場順不同))へお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2018年05月17日タイサンボク(泰山木)の花が見頃です

皇居外苑

北の丸公園で、タイサンボク(泰山木)の花が見頃を迎えています。

タイサンボクは、北アメリカ中南部を原産とする花木で、モクレンやコブシなどと同じモクレン科の仲間です。樹高が高いため見上げないと開花に気付かないこともありますが、5月から6月にかけて咲く花はとても大きく花径20cmにもなり、白いお椀の形をしています。この花の形を大きな盃に見立てて「大盃木」、それが次第に「泰山木」になったと云われています。

新緑の中で大きく立派な花、葉、樹形のタイサンボクは一際目立ちます。吉田茂像のすぐそばで見ることができます。

北の丸公園の最寄り駅

運行状況や利用案内は、最寄りの各駅(九段下駅都営地下鉄新宿線東京メトロ東西線・半蔵門線)、竹橋駅東京メトロ東西線)、神保町駅都営地下鉄三田線都営地下鉄新宿線)、東京メトロ半蔵門線)順不同)へお問い合わせください。

北の丸公園近隣の文化施設等のご案内

近隣の文化施設等の開館・開園状況等については、各文化施設等(国立公文書館科学技術館、日本武道館、千代田図書館千鳥ヶ淵緑道千鳥ケ淵戦没者墓苑しょうけい館(戦傷病者史料館)昭和館東京国立近代美術館及び工芸館皇居東御苑三の丸尚蔵館千鳥ヶ淵ボート場順不同))へお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2018年01月30日北の丸公園のハマメリス・モリス

皇居外苑バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ

北の丸公園で、ハマメリス・モリス(Hamamelis mollis)の花が見頃です。

〈清水門展望広場のハマメリス・モリス〉

聞き慣れない名前ですが、中国原産のマンサク科の落葉小高木で、和名のシナマンサクで呼ばれることが多い花木で、ハマメリス・モリスは学名です。

マンサクの仲間でもっとも花が大きいことから、様々な園芸品種が作出されているそうです。マンサクの仲間は、種間交配で作出された園芸品種や実生苗なども広く流通しており、品種を特定することが困難な花木のひとつです。清水門展望広場の植え込みに植えられているこの木は、ハマメリス・モリスのクームウッド(H mollis cv Coombe Wood)という園芸品種等によく似ているため、今回の記事では学名のハマメリス・モリスを用いてご紹介してみました。

〈ハマメリス・モリスと旧江戸城清水門〉

日本原産の満作(マンサク/Hamamelis japonica)は、「まず咲く」の語呂合わせからついた和名というエピソードとともに、春の到来をいち早く告げる花としてよく知られています。

いずれ来る春に思いをはせるように咲きはじめ、一年で最も寒い"寒の内"に見頃をむかえるハマメリス・モリスは、数少ない寒咲きの花木として各地の公園やお庭などにも数多く植えられており、今ではすっかり日本の風景に溶け込んでいる樹木のひとつです。

ページ先頭へ↑