ホーム > ネットde研究成果報告会 > 平成26年度 > 2A-1202 GOSATデータ等を用いた全球メタン発生領域の特性抽出と定量化

課題成果報告

2A-1202 GOSATデータ等を用いた全球メタン発生領域の特性抽出と定量化
研究代表者
所属名・氏名
林田 佐智子
( 奈良女子大学 )
実施期間(年度) H24 〜 H26
本研究では、GOSATなどの衛星センサーで観測される大気中メタン濃度の情報を最大限活用し、これに大気の直接観測で得られたメタン濃度データの解析を加えることにより、全球的なメタン濃度分布を把握する。
特にシベリア域およびアジア域から放出されるメタンの、大気中における輸送過程や化学反応過程などの動態を把握し、大気中メタン濃度の変動を検出する。
その結果を元にインバースモデルによる解析を行い、メタンの放出分布とその変動を早期に検知するためのシステムを構築する。

成果報告スライド

資料ダウンロード

報告スライド
2A-1202  成果報告スライド PDF ( 6,792 KB)

←ネットde研究成果報告会 一覧ページへ  ↑ページトップへ