白神山地

世界遺産地域の紹介

世界遺産地域の紹介 白神山地は、青森県南西部と秋田県北西部の県境にまたがる標高約200m から1,250m 以上に及ぶ山岳地帯の総称です。世界自然遺産に登録されたのはこの白神山地の中心部に位置する約17,000ha の地域で、広大で原生的なブナ林が残されています。

世界遺産地域の紹介 白神山地世界遺産センター(西目屋館) 白神山地ビジターセンター ミニ白神「くろもり館」 津軽峠 くろくまの滝 十二湖 十二湖エコ・ミュージアムセンター「湖郷館」 白神岳 二ツ森 暗門の滝 白神山地世界遺産センター(藤里館) 岳岱(だけだい)自然観察教育林 ブナ林 イヌワシ クマゲラ ツキノワグマ フジミドリシジミ アオモリマンテマ シラガミクワガタ

▲ ページの先頭へ