日本の外来種対策

環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、
規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

環境省自然環境局

文字サイズ

標準

特大

MENU

環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、
規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

外来生物法の施行状況の検討

外来生物法の施行状況の検討(令和2年)

  • 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)は2005年に成立(2006年施行)、2013年に改正法が成立(2014年施行)し、必要な対応を行っていますが、2019年に施行後5年を経過することから、改正外来生物法附則第5条に基づき、施行状況について検討を加え、必要に応じて法改正の検討を行います。
  • 外来生物対策のあり方検討会

    R3年1月28日 外来生物対策のあり方検討会(第1回) 議事次第・資料/会議録

  • 外来生物法施行状況評価検討会

    R2年2月26日 外来生物法施行状況評価検討会(第1回) 議事次第・資料/議事概要[PDF 293KB]

    R2年7月30日 外来生物法施行状況評価検討会(第2回) 議事次第・資料/議事概要[PDF 362KB]

    R2年10月22日 外来生物法施行状況評価検討会(第3回) 議事次第・資料/議事概要[PDF 185KB]

外来生物法の施行状況の検討(平成24年)