本文へジャンプ

ハンターになるには?

知っておくべきこと


狩猟のルール・マナー

狩猟を行う目的は、様々です。主には、①趣味としての楽しみ、②自然資源の持続的利用、③農林水産業被害の予防、④日本の在来種の保護が目的とされています。
一方、狩猟は、一歩間違えれば自分自身や周囲にも危険を及ぼす可能性のある行為であり、実際に、狩猟による事故は残念ながら毎年発生しています。このため、狩猟に対してマイナスのイメージを持たれる方も少なくないのが現状です。
ハンターは、世間の厳しい目にさらされていることを自覚し、法令に基づくルールやマナーを守って安全な狩猟を行わなければなりません。
以下に代表的なルールやマナーをご紹介します。

1.野生鳥獣の命に最大の礼を尽くしましょう。
狩猟を行う目的は人それぞれであっても、自らの手で獲物の命を奪う行為は共通です。そのため、獲物に対して最大の礼を尽くすべきです。
2.狩猟可能鳥獣及び捕獲可能数を守りましょう。
狩猟できる野生鳥獣及び捕獲可能数は、法律により定められており、都道府県によって異なる場合があります。狩猟鳥獣でない野生鳥獣の捕獲や、捕獲可能数を上回る捕獲を行うことはできません。
また、捕獲可能数が定められていない狩猟鳥獣についても、必要以上に捕獲することは慎みましょう。
3.猟具は、規定されたものを使用しましょう。
狩猟に使用できる猟具は、計4種類(①網(種類の限定あり)、②わな(種類の限定あり)、③装薬銃、④空気銃)と定められており、猟具に応じて猟法も規定されています。規定された猟具や猟法(法定猟法)を守って安全に狩猟を行いましょう。
4. 狩猟可能場所以外では狩猟できません。
都道府県ごとに狩猟可能場所・禁止場所が定められており、休猟区や鳥獣保護区のほか、公道や寺社境内等では 狩猟が禁止されています。禁止場所での狩猟は行わないようにしましょう。
5. 狩猟可能期間(猟期)以外は狩猟できません。
都道府県ごとに猟期が定められています。また、猟期内であっても、猟銃の場合は、日没後から日の出前までの 時間帯は狩猟が禁止されています。狩猟を行う際には、その場所の猟期や日の出・日没の時間を確認して、安全 に狩猟を行いましょう。

必要な経費

ハンターとして狩猟をはじめるまでに必要な経費は、狩猟の種類(銃猟、わな猟、網猟)や入手しようとする猟具の程度等により異なります。
銃猟を始めるまでには、各種手続きが約11万円であり、加えて、猟銃・空気銃の準備費用等(数万円~数十万円)や装弾等の消耗品費用(装弾1発80円~)が必要です。これらを合計した初期投資の目安としては30万円程度と言われています(あくまで目安です)。
一方、わな猟や網猟を始めるまでに必要な費用は、各種手続きに4万円程度、必要な猟具の準備には数千円(自作する場合)~数万円と、銃猟に比べるとリーズナブルです(大型わな等を除く)。
なお、狩猟を継続していくためには、消耗品費用や、狩猟免許の更新時に手続きに関する費用等が必要になります。
更に、地域の猟友会に所属する場合には会費等が必要です。

表 狩猟を始めるための手続きの経費(猟具の購入等を除く)
項目
猟銃
わな猟
網猟
狩猟免許取得※1
(免許申請・医師の診断書・事前講習料等)
約15,000円 約15,000円 約15,000円
猟銃所持許可
(猟銃等所持許可申請)
約60,000円
(空気銃 約20,000 円)
- -
狩猟者登録
(手数料・狩猟税)
約20,000円 約10,000円 約10,000円
その他
(ハンター保険※2 等)
約15,000円~ 約15,000円~ 約15,000円~
合計 約110,000円 約40,000円 約40,000円
※1:
狩猟免許申請手数料は、1 種類につき5,200 円(都道府県によって異なる場合あり)
※2:
ハンター保険・・・狩猟時に発生した事故等に対する3,000 万円以上の損害賠償が可能な保険。
(狩猟を行うためには、狩猟により生ずる危害の防止又は損害の賠償について、3,000万円以上の賠償能力を証明する必要があります)
※3:
上記の金額は、あくまで目安です。

このページの先頭へ