国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

2018年1月

7件の記事があります。

2018年01月30日北の丸公園のハマメリス・モリス

皇居外苑バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ

北の丸公園で、ハマメリス・モリス(Hamamelis mollis)の花が見頃です。

〈清水門展望広場のハマメリス・モリス〉

聞き慣れない名前ですが、中国原産のマンサク科の落葉小高木で、和名のシナマンサクで呼ばれることが多い花木で、ハマメリス・モリスは学名です。

マンサクの仲間でもっとも花が大きいことから、様々な園芸品種が作出されているそうです。マンサクの仲間は、種間交配で作出された園芸品種や実生苗なども広く流通しており、品種を特定することが困難な花木のひとつです。清水門展望広場の植え込みに植えられているこの木は、ハマメリス・モリスのクームウッド(H mollis cv Coombe Wood)という園芸品種等によく似ているため、今回の記事では学名のハマメリス・モリスを用いてご紹介してみました。

〈ハマメリス・モリスと旧江戸城清水門〉

日本原産の満作(マンサク/Hamamelis japonica)は、「まず咲く」の語呂合わせからついた和名というエピソードとともに、春の到来をいち早く告げる花としてよく知られています。

いずれ来る春に思いをはせるように咲きはじめ、一年で最も寒い"寒の内"に見頃をむかえるハマメリス・モリスは、数少ない寒咲きの花木として各地の公園やお庭などにも数多く植えられており、今ではすっかり日本の風景に溶け込んでいる樹木のひとつです。

ページ先頭へ↑

2018年01月26日-3.1℃(2018/01/26)

皇居外苑バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ / 気象観測 / 皇居外苑・北の丸公園の梅

<東京都心の気象観測点・北の丸公園露場(ろじょう)

今朝6時52分頃、東京都心の観測点(北の丸公園)の最低気温が氷点下3.1℃を記録しました。東京都心で二日続けて氷点下3℃以下になったのは、53年ぶり(1965年2月3日~4日以来)の記録だそうです。

<積雪計と雪尺>

フェンスに囲まれた観測面の芝生の上にはたっぷりと残雪が残っており、モニター画面の積雪測定値は7㎝と表示されていました。

<寒紅梅(カンコウバイ)>

露場の北側に植えられている寒紅梅(カンコウバイ)が、数日前からぽつりぽつりと咲き出しています。

今週末にかけて、非常に厳しい冷え込みが続く予報が出ています。日陰がちな場所など、一部凍結している道も残っていますので、お出かけになる際は、暖かい服装と滑りにくい靴でお出かけ下さい。

※観測データについては、気象庁東京管区気象台にお問い合わせください。

※露場を含む北の丸公園内でのメディア撮影や取材等は、気象庁東京管区気象台の承諾を得た上で、公園管理事務所(皇居外苑管理事務所北の丸分室)への撮影等許可申請が必要です。

北の丸公園の最寄り駅のご案内

 運行状況や利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

北の丸公園近隣の文化施設等のご案内

開館・開園状況等については、各施設へお問い合わせください。

千鳥ヶ淵ボート場は、12月1日から2月28日までお休みです。詳しくは、千代田区役所等にお問い合わせください

国立公文書館入館無料日曜、祝日は休館では、1月13日(土)から3月10日(土)まで、平成29年度 第4回企画展太田道灌と江戸」が開催されています。詳しくは、国立公文書館へお問い合わせください。

 (順不同)

ページ先頭へ↑

2018年01月25日-4℃(2018/01/25)

皇居外苑バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ / 気象観測 / 皇居外苑・北の丸公園の梅

<東京都心の気象観測点・北の丸公園露場(ろじょう)

東京都心の観測点(北の丸公園)では、今朝6時20分頃に最低気温が氷点下4℃を記録しました。報道によると、東京都心では48年ぶり(1970年1月17日以来)の記録的な低温だそうです。

北の丸公園露場にはモニター画面が設置されており、観測された気象情報が表示されます。また、露場の周辺には見学用の通路も整備されていますので、いつでも気軽にご覧いただけます。

<つばき(ヤブツバキ/藪椿)>

<うめ(ハクバイ/白梅)>

北の丸公園露場の周辺では、東京管区気象台が生物季節観測の標準木として観測しているヤブツバキとウメの花が咲き出しています。

<芝生広場の霜柱>2018年1月25日撮影

非常に厳しい冷え込みが続くとの予報が出ています。公園などの屋外にお出かけになる際は、十分に暖かい服装と、凍結して滑りやすい場所もまだ残っていますので、滑りにくい靴で足元もしっかり整えてお出かけ下さい。

※観測データについては、気象庁東京管区気象台にお問い合わせください。

※露場を含む北の丸公園内でのメディア撮影や取材等は、気象庁東京管区気象台の承諾を得た上で、公園管理事務所(皇居外苑管理事務所北の丸分室)への撮影等許可申請が必要です。

ページ先頭へ↑

2018年01月22日頭上と足元にご注意ください(2018/01/22)

皇居外苑お知らせ / お願い / バックナンバー2018 / 北の丸公園ブログ / 気象観測 / 皇居外苑ブログ

北の丸公園では、昼頃から降り始めた雪で園内の景色が一変しました。

北の丸公園露場のモニター画面には、午後15時の時点で3㎝の積雪を記録していることが表示されていました。

関東甲信・東北地方には、大雪警報が発令されており、北の丸露場で観測されている積雪も、17時現在で9㎝に達しており、雪による被害や事故も心配される状況です。

雪の公園では、着雪による樹木の枝折れや建物などからの落雪など、頭上からの危険に最大限の警戒が必要です。倒木被害等の発生も予想されますので、危険な場所には立ち入らないで下さい。

また、今晩から明朝にかけては路面が凍結することが予想されますので、車両・歩行者とも細心の注意が必要です。

雪の公園にお越しの方は、頭上と足元に十分注意してお出かけください。

皇居外苑(皇居前広場)の最寄り駅

最寄り駅の利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)
北の丸公園の最寄り駅のご案内

 運行状況や利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

北の丸公園近隣の文化施設等のご案内

開館・開園状況等については、各施設へお問い合わせください。

千鳥ヶ淵ボート場は、12月1日から2月28日までお休みです。詳しくは、千代田区役所等にお問い合わせください

国立公文書館入館無料では、平成29年度 第4回企画展太田道灌と江戸」が、1月13日(土)から3月10日(土)まで開催されています。詳しくは国立公文書館へお問い合わせ下さい。

 (順不同)

ページ先頭へ↑

2018年01月19日うめ開花2018(生物季節観測@北の丸公園)

皇居外苑バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ / 気象観測 / 皇居外苑・北の丸公園の梅

東京都心の観測点(北の丸公園)で、うめの開花が観測されたそうです。

うめの満開日(ハクバイ)

東京 1月19日〈平年より7日早い、昨年より9日遅い〉

北の丸公園内の白梅は、東京管区気象台が東京都心の生物季節観測として観測している標準木のひとつです。

梅の花便りに一足早い春の到来を期待してしまいますが、来週は関東南部も含めた広い範囲で厳しい冷え込みになるという予報もされています。

明日(1月20日)は、二十四節気の一つ"大寒(だいかん)"で、一年で最も寒い時期を迎えます。お出かけの際は、十分に暖かい服装でお越し下さい。

北の丸公園の最寄り駅のご案内

 運行状況や利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

北の丸公園近隣の文化施設等のご案内

開館・開園状況等については、各施設へお問い合わせください。

★10月1日から3月31日までの間は、開苑時間が午前9時から午後4時までです。詳しくは、千鳥ケ淵戦没者墓苑管理事務所へお問い合わせください。

千鳥ヶ淵ボート場は、12月1日から2月28日までお休みです。詳しくは、千代田区役所等にお問い合わせください

国立公文書館入館無料)では、平成29年度 第4回企画展太田道灌と江戸」が、1月13日(土)から3月10日(土)まで開催される予定です。

 (順不同)

ページ先頭へ↑

2018年01月04日つばき開花2018(生物季節観測@北の丸公園)

皇居外苑バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ / 気象観測

東京都心の観測点(北の丸公園)では、昨日、ヤブツバキの開花が観測されたそうです。

北の丸公園のヤブツバキの花の写真です。

つばきの開花日(ヤブツバキ)

 東京 1月3日 〈平年より37日早い、昨年より21日早い〉

北の丸公園内のヤブツバキは、東京管区気象台が東京都心の生物季節観測として観測している標準木のひとつです。

今朝の北の丸公園では、池の広い範囲に氷が張っている様子が見られました。

明日(1月5日)は二十四節気の一つ"小寒(しょうかん)"です。暦の上でも"寒の入り(かんのいり)"と云われる一年で最も寒い時期を迎えます。厳しい冷え込みが続きますので、お出かけの際は暖かい服装でお越し下さい。

北の丸公園の最寄り駅のご案内

 運行状況や利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

北の丸公園近隣の文化施設等のご案内

開館・開園状況等については、各施設へお問い合わせください。

東京国立近代美術館(本館)では、1月7日(月)無料観覧日に所蔵作品展MOMATコレクション所蔵品ギャラリーギャラリー4)」が無料でご観覧いただけます。詳しくは東京国立近代美術館にお問い合わせください。

工芸館では、1月7日(月)無料観覧日に所蔵作品展「日本の工芸ー自然を愛でるーが無料でご観覧いただけます。詳しくは工芸館にお問い合わせください。

★10月1日から3月31日までの間は、開苑時間が午前9時から午後4時までです。詳しくは、千鳥ケ淵戦没者墓苑管理事務所へお問い合わせください。

千鳥ヶ淵ボート場は、12月1日から2月28日までお休みです。詳しくは、千代田区役所等にお問い合わせください

三の丸尚蔵館(入館無料)は、12月11日から1月12日まで展示替え等のため休館中です。翌1月13日(土)から第79回展覧会「世界を巡る-古今東西の品々を集めて(仮称)」が開催される予定です。

国立公文書館入館無料)では、平成29年度 第4回企画展太田道灌と江戸」が、1月13日(土)から3月10日(土)まで開催される予定です。

 (順不同)

ページ先頭へ↑

2018年01月01日千両(センリョウ)のある暮らし

皇居外苑お知らせ / バックナンバー2018 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ / 皇居外苑ブログ

あけましておめでとうございます。

房なりの赤い実と常緑の葉が美しい"千両(センリョウ)"の木をご紹介します。

赤い実をつけている千両(センリョウ)の木の写真です。

千両(センリョウ)は、この時期の花材として欠かせない縁起の良い植物のひとつです。黄色い実を付ける"黄実千両(キミノセンリョウ)"とともに、お花屋さんの店頭に並んでいる様子を目にした方も多いのではないでしょうか。半日陰の場所で良く育ち、枝振りも1m位までとコンパクトで管理に手間も掛からないため、明るい日陰に彩りを添える庭木としてよく植えられています。

野生のセンリョウの木は、人里に近い山林に自生していることが多いと云われているそうですが、北の丸公園のセンリョウの木も、柵に囲まれた植え込みの中程の、園路から鑑賞するには少し離れた位置に茂っていますので、もしかすると鳥に運ばれてきた種から芽生えて自然に育ったものかもしれません。

たわわな実りに豊かさを重ねて名付けられらた"千両の木"は、ささやかな願いを込めた人々の暮らしにずっと寄り添って、すぐそばで見守ってくれている植物のひとつなのかもしれません。

新たな年が、みなさまひとりひとりにとって穏やかな一年でありますように。

※この記事でご紹介した北の丸公園の千両(センリョウ)の木は、日本武道館の増改修工事に伴う立ち入り規制区域にあるため、しばらくの間ご覧いただけません。

-この先の記事は、平成30年1月2日の新年一般参賀に関するものです-

ご協力いただき、ありがとうございました。

お知らせ(新年一般参賀のご案内)

 皇居(宮内庁)において催される下記行事に伴い、皇居周辺の道路や皇居外苑及び北の丸公園内の駐車場等の一時的な混雑が発生することが予想されます。皇居外苑及び北の丸公園、周辺文化施設等を訪れることを予定されている一般の皆様方におかれましては、大変ご迷惑をおかけいたしますが、皆様方におかれましても、出来る限り公共交通機関をご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

開催日   平成30年1月2日(火)
行事名   「新年一般参賀

新年一般参賀に関するお問い合わせ

 宮内庁へお問い合わせください。※テレホンサービス( 03-3211-1475 )

 なお、1月2日(火)は、皇居東御苑三の丸尚蔵館とも非公開日(休園・休館日)です。

参入口(午前9時30分から午後2時10分まで)の最寄り駅
【皇居正門(二重橋)】

 皇居正門(二重橋)の最寄り駅の利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)
☆皇居外苑(一般参賀の参集場所付近を除く)及び園内の楠公休憩所は、1月2日も通常通りご利用いただけます。楠公休憩所内のレストラン(楠公レストハウス)及び楠公像前売店くすのきは、12月28日から1月1日までお休みですが、両店舗とも1月2日からは通常通りご利用いただけます。皇居外苑や周辺の施設等にお越しの際は、地下鉄などの公共交通機関をご利用下さい。

退出口の最寄り駅について
【皇居坂下門、皇居桔梗門】

 皇居坂下門皇居桔梗門の最寄り駅の利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

☆皇居外苑和田倉噴水公園及び無料休憩所は、1月2日も通常通りご利用いただけます。和田倉噴水公園レストランは、12月30日から1月1日までお休みですが、1月2日からはご利用いただけます。詳しくは運営事業者へお問い合わせ下さい。和田倉噴水公園や周辺の施設等にお越しの際は、地下鉄などの公共交通機関をご利用下さい。


【皇居乾門】

 皇居乾門の最寄り駅の利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

北の丸公園(田安門口)の最寄り駅について

 北の丸公園(田安門口)の最寄り駅利用案内は、次の各駅へお問い合わせください。

(順不同)

☆北の丸公園及び北の丸休憩所(ザ・フォレスト北の丸)は、1月2日も通常通りご利用いただけます。北の丸公園や周辺の施設等にお越しの際は、地下鉄などの公共交通機関をご利用下さい。

近隣の文化施設等の休館・休園情報

 12月28日から1月1日までは両館とも休館です。詳しくは各館にお問い合わせください。

東京国立近代美術館(本館)では、1月2日(火)1月7日(月)無料観覧日に所蔵作品展MOMATコレクション所蔵品ギャラリーギャラリー4)」が無料でご観覧いただけます。詳しくは東京国立近代美術館にお問い合わせください。

工芸館では、1月2日(火)1月7日(月)無料観覧日に所蔵作品展「日本の工芸ー自然を愛でるーが無料でご観覧いただけます。詳しくは工芸館にお問い合わせください。

 年末年始も通常通りご利用いただけます。なお、10月1日から3月31日までの間は、開苑時間が午前9時から午後4時までです。詳しくは、千鳥ケ淵戦没者墓苑管理事務所へお問い合わせください。

 緑道は、年末年始も通常通りご利用いただけますが、千鳥ヶ淵ボート場は、12月1日から2月28日までお休みです。詳しくは、千代田区役所等にお問い合わせください。

 皇居東御苑は、12月28日から1月3日まで休園です。三の丸尚蔵館は12月11日から1月12日まで展示替え等のため休館中です。なお、月曜及び金曜(月曜及び金曜が休日(天皇誕生日を除く)に重なる場合は翌日)が定休日です。詳しくは宮内庁へお問い合わせください。

三の丸尚蔵館入館無料)では、1月13日(土)から第79回展覧会「世界を巡る-古今東西の品々を集めて(仮称)」が開催される予定です。

 12月28日から1月3日まで休館です。詳しくは、科学技術館にお問い合わせください。

 12月28日から1月4日まで休館です。詳しくは、国立公文書館にお問い合わせください。

国立公文書館入館無料)では、平成29年度 第4回企画展太田道灌と江戸」が、1月13日(土)から3月10日(土)まで開催される予定です。

 12月28日から1月4日まで休館です。詳しくは、昭和館にお問い合わせください。

 12月28日から1月4日まで休館です。詳しくは、しょうけい館にお問い合わせください。

(順不同)

箱根駅伝に伴う近隣道路の交通規制について

 皇居外苑に近接する道路(日比谷通り)等では、1月2日及び3日に開催される第93回東京箱根間往復大学駅伝競走に伴う交通規制が予定されています。詳しくは箱根駅伝公式ホームページに掲載されている〈交通規制のご案内〉でご確認下さい。

皇居外苑駐車場及び北の丸公園駐車場の利用規制について

 楠公駐車場(観光バス等専用)及び北の丸駐車場については、周辺道路の著しい渋滞や混雑等が発生する場合等において、所轄警察署の指導により公園構内への車両の進入をお断りする等の利用制限を行う場合があります。

※皇居(皇居外苑及び北の丸公園)の周辺道路は、法令により駐停車が禁止されているため乗客の乗降車はできません。行事参加者(とりわけ一般参賀を目的とした観光バス等の運行事業者)の皆様におかれては、当該行事の本旨を踏まえ、参加者等の車列による周辺道路の渋滞や園路・駐車場の混雑等に起因する一般利用者への迷惑や社会的な支障を生じさせないように、周辺地域においてバス駐車場(乗降場所、待機場所)を確保し、皇居付近の最寄り駅まで公共交通機関を利用するなどの対応をご検討いただくなど、十分な配慮がなされますよう重ねてお願いします。

-この記事は、平成30年1月2日の新年一般参賀に関するものです-

ご協力いただき、ありがとうございました。

ページ先頭へ↑